炎の一筆入魂BACK NUMBER

カープは苦手ホークスを倒せるか。
一軍未対戦の助っ人が“キラー”に? 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2018/10/27 08:00

カープは苦手ホークスを倒せるか。一軍未対戦の助っ人が“キラー”に?<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

フランスアは今季47試合に登板。8月はプロ野球タイ記録の月間18試合に登板。シリーズでも大車輪だ。

隠れた鷹キラー、メヒア。

 打線では、メヒアだろう。昨季、交流戦明けに支配下登録され、今季も交流戦期間中は二軍だった。ソフトバンクとの対戦はまだ一度もない。

 巨人とのCSファイナルステージでは2試合に先発したが、結果は7打数1安打と散々だった。東出輝裕打撃コーチが「200%力み倒していた」というように、大舞台に力が入った。それでも打撃コーチや緒方孝市監督の評価は高い。

 そういった意味ではCSの舞台に立ち、失敗を経験したことにも意味はあったのかもしれない。

「CSは良くなかったけど、日本シリーズではリラックスできればいい結果になると思う」

 平常心で臨めば、おのずと結果はついてくるに違いない。

 実は隠れた「鷹キラー」でもある。一軍での対戦はないものの、ウエスタン・リーグで今季ソフトバンク戦で打率.310、8本塁打、26打点をマークした。CSファイナルステージで先発した東浜相手に2打数1安打。ミランダから3打数1安打、二軍での日本デビュー戦で満塁弾を見舞った。また高橋礼からも1発、大竹からは2発を記録している。

 いよいよ、平成最後の日本シリーズが幕を開ける。見えない力を味方につけるのも、見えない力を突っぱねるのも、真の力があってこそ。勝った者が強い、と言われるのが勝負の世界だ。

 頂上決戦で初の顔合わせとなった広島とソフトバンク。勝負の行方はまだ、誰にも見えない。

関連記事

BACK 1 2 3
ヘロニモ・フランスア
ジョニー・ヘルウェグ
アレハンドロ・メヒア
広島東洋カープ
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ