ファイターズ広報、記す。BACK NUMBER

吉田輝星を1位指名した日本ハム、
緊迫と高揚のドラフト当日舞台裏。 

text by

高山通史

高山通史Michifumi Takayama

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/10/29 17:00

吉田輝星を1位指名した日本ハム、緊迫と高揚のドラフト当日舞台裏。<Number Web> photograph by Kyodo News

日本ハムは1位指名で吉田輝星の交渉権を獲得した。昨年の清宮幸太郎に続き高校野球のスターが入団することになりそうだ。

会議直前に1位入札の名が。

 午後3時過ぎ。栗山監督も含めて、今年のドラフト会議に関わるファイターズの全メンバーがそろった。広報は、小職を含めて2人が同行。取材対応、会場での報道陣への資料配布が主な業務である。資料とは、指名した選手に関しての寸評など、各球団が独自で作成した簡単なプロフィール、紹介文のようなものである。

 その一室の端に、パソコン等で作業するスペースを設けていただく。広報は「脇役」であるから、厳かなムードを乱す、壊すことのないよう細心の注意を払う。それが最重要業務であると、自認している。初めて携わった昨年、それを確認できた。ただ高揚感をお裾分けいただける。ひた隠しにするが、本番が近づくにつれて、広報でもテンションは上がる。

 出陣である。竹田社長、栗山監督らテーブルに着くメンバーが会議場へと向かっていく。それは午後4時40分ごろ。その直前に初めて、スカウトを含めた全員に1位入札する選手の名前が知らされる。スカウト、私たち広報も含めて控え室で見守る面々が拍手で送り出し、見送る。

 競技経験はないが、よく目にするラグビーやサッカーの試合前のロッカールームの雰囲気に少し似ているような気がする。あとは、待つのみなのだ。

甲子園前から注目していた。

 代表者が退室した後、控え室内の緊張は一瞬緩み、高まっていく。設置されているホワイトボード。最年少のスカウトが手書きで、12球団が1位入札する予想選手の名前を記していく。山田スカウト顧問らベテランたちが名前を読み上げていき、各球団の枠を埋める。

 ちなみに今年、他11球団のシミュレーションはパーフェクトで正解していた。難度が高い球団も新聞各社の予想からうかがえたが、その的中には最敬礼するしかなかったのである。

 ファイターズの指名結果は、ご存知の通りだろう。金足農業高校の吉田輝星投手を1位で指名した。確定した瞬間、控え室内に歓喜の拍手がこだまする。担当は、球団OBの右腕・白井康勝スカウト。その場にいた全員が1人ずつ「おめでとう」と、握手をする。昨年は担当エリアからの指名がなかった白井スカウトにとって祈るような気持ちで迎えた瞬間だったであろう。

 甲子園でブレークする前から「今年は秋田にいい投手がいるんですよ。何とか……とは思っている」と、何度も秘めた思いは聞いていた。追い掛け続けた選手と巡り巡って、縁が結ばれた。その姿を見ているだけで、小職の心も弾むのである。

【次ページ】 担当スカウトが味わう無情。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

北海道日本ハムファイターズ
吉田輝星
栗山英樹

プロ野球の前後のコラム

ページトップ