プレミアリーグの時間BACK NUMBER

モウリーニョは時代遅れではない。
マンUの停滞は采配以外の面にも。

posted2018/10/27 17:00

 
モウリーニョは時代遅れではない。マンUの停滞は采配以外の面にも。<Number Web> photograph by Uniphoto press

ここ最近の表情は苦いものばかり。しかしモウリーニョならば、現状を打破する采配を見せるのではないか。

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph by

Uniphoto press

 ジョゼ・モウリーニョが、新進気鋭のCL優勝監督としてプレミアリーグに現れたのは14年前。就任1年目にしてチェルシーに半世紀ぶりのリーグ優勝をもたらし、続いてクラブ史上初のプレミア2連覇を達成。それによって「スペシャル・ワン」の自称は“イングランド公認”となった。

 それが、マンチェスター・ユナイテッドを率いる今では、「もはやスペシャルではない」とのフレーズが、国内各紙や試合会場で囁かれている。

 識者の見方も冷たい。

 クラブOBのポール・スコールズは、マンUを「もしメッシでさえ、移籍してきたら精彩を欠くのではというチームにしてしまった」と断言。元チェルシーのDFロベルト・フートは「時代の流れに追いつく必要がある」と指摘。モウリーニョに対する厳しい意見が後を絶たない状況だ。

かつての古巣から「失せろ!」。

 確かに、「10年ひと昔」とは言う。

 しかし、11年前にいったんイングランドを去ったモウリーニョは、続くイタリアでインテルをセリエA連覇とCL優勝に導いている。欧州制覇の過程では、16強でカルロ・アンチェロッティ率いるチェルシーを下し(計3-1)、改めてイングランドのメディアを唸らせた。復帰を果たしたチェルシーで自身3度目のプレミア優勝を実現したのは、わずか3年前のことだ。

 リアルタイムで物事が進む今日では、それもすでに「昔」なのだろう。

 2015年12月、モウリーニョが再びチェルシーを去った直後のホームゲームでのこと。スタンフォードブリッジには、事実上の解任に追いやった「暗躍者」と噂されたエデン・アザールら主力を責める横断幕が張られ、彼ら選手へのブーイングが聞かれた。

 だが翌シーズンにマンU新監督として舞い戻ると、モウリーニョに対して裏切り者を意味する「ジューダス(ユダ)」との罵声がベンチ側の東スタンドから飛んだ。

 そして去る10月20日のプレミア第9節(2-2)、通算4度目の「旧ホーム訪問」ともなると、合唱ほどではないが“Fワード”を含めた「失せろモウリーニョ!」とのチャントまで聞かれた。

【次ページ】 マケレレは擁護派の1人。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マンチェスター・ユナイテッド
ジョゼ・モウリーニョ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ