バスケットボールPRESSBACK NUMBER

NBA歴代最強の3ポイントシューター、
レイ・アレンが教えてくれた極意。 

text by

青木美帆

青木美帆Miho Awokie

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2018/10/22 10:30

NBA歴代最強の3ポイントシューター、レイ・アレンが教えてくれた極意。<Number Web> photograph by Wataru Sato

3人制バスケのイベントに参加したレイ・アレン。次の来日ではゴルフや、ゆっくり観光してみたいとも。

現役選手に向けた戒めとは。

 世界のバスケットボールの戦術トレンドは目まぐるしく変化している。こと3ポイントに関して言えば、その重要性は増す一方だ。

 ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)が2012-13シーズンにレイの上記記録を破り、スパーズは美しいコンビネーションから3ポイントを打つスタイルで2013-14シーズンの覇者となった。

 佐々木クリス(Bリーグアナリスト)いわく、ヒューストン・ロケッツは昨季、NBA史上初めて3ポイントの試投数が2ポイントのそれを上回ったという。今季メンフィス・グリズリーズと2way契約を結んだ渡邊雄太もそうであるように、ビッグマンが3ポイントを武器とすることももはや当たり前になってきている。

 往年の名シューターはこうした傾向を歓迎しつつも、現役選手たちへの戒めを忘れない。

「3ポイントはゲームをエキサイティングなものにする。私自身それを見るのが好きだし、多くの選手が高いシュート能力を持っていればファンも楽しいだろう。ただその一方、あまりに多くスリーを打ち、成功率が低いというのは見たくないもの。素晴らしい武器として使用するための線引きをしっかりとする必要がある」

 日本時間の10月17日、NBAが開幕した。Bリーグも10月19日時点で第3節までが終了している。

 3ポイント、そしてシューターという切り口から、熱戦を楽しんでみてはいかがだろうか。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
レイ・アレン

バスケットボールの前後の記事

ページトップ