バスケットボールPRESSBACK NUMBER

NBA歴代最強の3ポイントシューター、
レイ・アレンが教えてくれた極意。

posted2018/10/22 10:30

 
NBA歴代最強の3ポイントシューター、レイ・アレンが教えてくれた極意。<Number Web> photograph by Wataru Sato

3人制バスケのイベントに参加したレイ・アレン。次の来日ではゴルフや、ゆっくり観光してみたいとも。

text by

青木美帆

青木美帆Miho Aoki

PROFILE

photograph by

Wataru Sato

 10月11日、シャングリ・ラ ホテル東京の一室にレイ・アレンはいた。

 NBAで18シーズンプレーし、2度の優勝、10回のオールスター選出。そして何より燦然と輝く、歴代最多となる通算2973本の3ポイントシュート。その功績が認められ、今年9月にバスケットボール殿堂入りも果たした稀代のシューターはこの日、早朝から多くのメディア取材を受けていた。我々の前にはわずかばかりの休憩時間が設けられていたが、彼はそれを断り、穏やかな表情で我々を迎え入れた。

 シューターの手は、多くのことを物語る。

 シュートの成功には足の踏み込み、ボディバランス、フォームなど様々な要素がからみ合うが、最後にボールをコントロールするのは当然手であり、指であり、指先だからだ。シューターに自身の手や指について聞いてみると、それぞれのシュートに対するこだわりがよく見えてくるような気がする。

マニキュアは必ず塗っていた。

 Bリーグを例に挙げると、折茂武彦(レバンガ北海道)は中指の爪をかなり長めに整え、爪で最後にボールをコントロールする。岡田優介(京都ハンナリーズ)や金丸晃輔(シーホース三河)のようにネイルサロンでケアをする選手がいる一方で、川村卓也(横浜ビー・コルセアーズ)のように頓着しないという選手もいる。

「現役時代、手や指のケアを行なっていましたか?」

 そう尋ねると、レイは何も言わずにその両手をテーブルの上に載せた。骨ばった手、ごく短く切られた爪、厚く塗られたクリアジェル。今回の滞在スケジュールにシューティング対決のイベントが組み込まれていたため、幸運にも現役仕様だったのだ。

 我々がひとしきり眺め終わるのを見計らい、レイは話し始めた。

「マニキュアは必ず塗っていた。爪が長くなりすぎるとシュートを打つときにボールが引っかかる可能性がある。そこでささくれができてしまうと、痛みがボールキャッチに影響してしまい、指先も痛めてしまうからだ。プレーしたほとんどの街のネイルサロンに通ったね。妻がいち早く見つけて、教えてくれるんだ」

【次ページ】 足の指も徹底的にケア。

1 2 3 4 NEXT
レイ・アレン

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ