欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

つなぐも崩せずイングランドに敗北。
スペインはW杯惨敗から停滞したまま。

posted2018/10/21 10:00

 
つなぐも崩せずイングランドに敗北。スペインはW杯惨敗から停滞したまま。<Number Web> photograph by Uniphoto press

ポゼッションで圧倒しながら……というのはスペインの負けパターンだが、そこに変革の息吹はあるのか。

text by

吉田治良

吉田治良Jiro Yoshida

PROFILE

photograph by

Uniphoto press

 スペイン代表が、ふたたび世界の頂点に返り咲く──。

 それはいったい、いつになるのだろう。いや、もしかしたら、栄光の時代はもう二度と訪れないのかもしれない。

 10月15日に行なわれたUEFAネーションズリーグのリーグAグループ4第3節、スペイン代表はホームでイングランド代表に2-3で敗れた。

 ボールポゼッション率は70%、774本のパスを交換し、25本ものシュートを放ちながら、それでも敗れた。実に1000本を超えるパス本数を記録したにもかかわらず、PK戦の末に開催国に屈したロシアW杯から、結局のところ彼らは何も変わっていないのだと、そう印象付けるような敗戦だった。

 その3日前、ウェールズ代表との親善試合では、同じく70%以上のポゼッション率でゲームを支配し、4-1の勝利を収めている。だが、ギャレス・ベイルが故障で不在だったウェールズには勝てても、よりクオリティーの高いタレントを揃え、より洗練された組織を誇るW杯4位の強豪国が相手では、そう簡単にはいかないということだ。

 自慢の高いポゼッション率が勝利という結果とイコールで結ばれるのは、もはや格下が相手の場合に限られるのかもしれない。

結果だけ見れば3連勝の船出。

 ベスト16で散ったロシアW杯後、代表監督に就任したルイス・エンリケの下、その初陣となったUEFAネーションズリーグの第1節では、敵地でイングランドを2-1で撃破している。続く第2節はW杯準優勝国のクロアチアに6-0の圧勝だ。

 しかし、イングランド戦の勝利は紙一重で内容的には互角だったし──アディショナルタイムにイングランドの同点ゴールがファウルで取り消される幸運もあった──そして9月に戦ったクロアチアは、大黒柱のルカ・モドリッチを筆頭に、明らかに燃え尽き症候群に陥っていた。

 ウェールズ戦も含めて3連勝と、結果だけを見れば申し分のない船出となったL・エンリケ新体制だが、その実力が本物かどうか見極めるのは、やはり今回のホームでのイングランド戦だったはずだ。

【次ページ】 “まどろっこしい”パス回し。

1 2 3 4 NEXT
ルイス・エンリケ
ダニ・セバジョス
イスコ
ジエゴ・コスタ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ