JリーグPRESSBACK NUMBER

豪華施設、超速昇格、セルジオ越後。
ベルマーレのルーツは伝説の社長。 

text by

川端康生

川端康生Yasuo Kawabata

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/10/11 11:00

豪華施設、超速昇格、セルジオ越後。ベルマーレのルーツは伝説の社長。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

クラブ創設50周年を記念した黄色と緑のユニホーム。湘南ベルマーレにとって、これまでの歩みを凝縮した一戦だった。

読売クラブとも仲良しの異端。

 そういえば高校生を集めてユースチームを作ろうとしたことも……と続けるときりがないので今回はこの辺で。しかし現在のJクラブと同じような組織を当時すでにイメージしていたのである。

 その意味で企業名を冠してはいたものの、藤和不動産サッカー部は「クラブチーム」的な色合いの強いチームだったと言える。

 そして、そう考えれば読売クラブと仲がよかったのもうなずける。企業チームで占められたサッカー界にあって、明らかに異端だった両チーム。だからこそ通じ合うものがあったのだろう。

 付け加えれば、この1960年代はこの2チームだけでなく、横浜市中区スポーツ少年団(1964年・横浜フリューゲルス)、甲府クラブ(1965年・ヴァンフォーレ甲府)など、後にJリーグ入りするチームが相次いで創設された時代でもあった。

 本流ではなかった、まだ小さな流れ。しかし、その最初の一滴が、日本の各地で同じ時期に湧き出していることは興味深い。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

湘南ベルマーレ
セルジオ越後

Jリーグの前後のコラム

ページトップ