欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ロナウドを抑えて得点ランク首位。
セリエAの“新・殺し屋”ピアテク。 

text by

手嶋真彦

手嶋真彦Masahiko Tejima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/10/10 16:30

ロナウドを抑えて得点ランク首位。セリエAの“新・殺し屋”ピアテク。<Number Web> photograph by Getty Images

カルチョの国で得点を奪うのは今も昔も至難の業だ。そこでピアテクはゴールハントの術を磨いている。

バティらに肩を並べられるか。

 恩師のプロビエルツは予想する。

「ここからの戦いは、より難しくなってくるだろう。なぜなら、敵のディフェンダーがピアテクをよく知るようになっていくからだ」

 その上で、こう続ける。「25ゴール以上はいけるだろう」。なぜ、楽観的にそう予想できるのか。

 このストライカーを指導した別の監督も異口同音に証言するのは、ピアテクの改善への強い意欲だ。トレーニングを含めて「常に成長し、適応していこうとする」特性が、強く印象に残っていると言う。

 ピアテクが記録上で争っているバティストゥータは、セリエA開幕から11試合連続ゴールを決めた1994-95シーズンに、そのまま得点王となっている。シェフチェンコも開幕からの出場6試合で7ゴールを奪った1999-2000シーズン、セリエA得点王に輝いた。

 セリエA歴代12位の通算184ゴールまで数字を伸ばしたバティストゥータ、2004年のバロンドール受賞者となったシェフチェンコ、こうしたレジェンドたちにピアテクもいずれ肩を並べられるか――。

 本当に、そんな未来が訪れてもおかしくない。

 そう予感させるだけの資質は、二丁拳銃のパフォーマンスでスタンドを沸かせ続けてきたセリエAデビューイヤーの序盤戦だけで、もう証明されているだろう。

欧州蹴球名鑑 2018-2019

Sports Graphic Number PLUS October 2018 EURO

欧州蹴球名鑑 2018-2019

 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

クシュストフ・ピアテク
ジェノア
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ