欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ロナウドを抑えて得点ランク首位。
セリエAの“新・殺し屋”ピアテク。 

text by

手嶋真彦

手嶋真彦Masahiko Tejima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/10/10 16:30

ロナウドを抑えて得点ランク首位。セリエAの“新・殺し屋”ピアテク。<Number Web> photograph by Getty Images

カルチョの国で得点を奪うのは今も昔も至難の業だ。そこでピアテクはゴールハントの術を磨いている。

国内外の強豪が関心を寄せる。

 それがコッパ・イタリアを含めた8試合ですでに13ゴールを量産している現在は、KP9とも称されるようになった。C・ロナウドのCR7をもじったKP9(Krzysztof Piatek/背番号9番)に関心を寄せるビッグクラブは、メディアで取り沙汰されただけでも国内のユベントス、インテル、ナポリ、ローマから、国外のマンチェスター・ユナイテッド、リバプール、チェルシー、さらにはバルセロナに至るまで片手に余る。

 高騰する市場価格は、すでに4000万ユーロ(約52億円)超とも見積もられる。ジェノアが今夏の獲得に要した移籍金は推定450万~500万ユーロ(約6億円前後)であり、ほんの数カ月で大きく跳ね上がった計算だ。ちなみにKP9の推定年俸は45万ユーロ(約5850万円)。CR7の3000万ユーロ(約39億円)と比べると、わずか67分の1でしかない。

 移籍金のクラブ記録が2500万ユーロ('09年夏のディエゴ・ミリート。インテルへ移籍)のジェノアにとっては、歴史的な“オークション”も期待できる。ただし、今冬(2019年1月)の放出には慎重にならざるをえない。

 ゼネラルディレクターのジョルジョ・ペリネッティが示唆している通り、KP9の早期売却にはティフォゼリア(熱心なファンのグループ)からの強い反発が予想されるからだ。

レバンドフスキから学んだこと。

 何かと比較されるのは同じポーランド人で、同じストライカーのロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)だろう。前所属クラブのクラコビアでピアテクを指導したミハル・プロビエルツは、こう語る。

「私は知っている。ピアテクはレバンドフスキから(間接的に)多くを学んできた。とてもよく似ているのは、ペナルティエリア内での振る舞い方だ」

 現在もクラコビアを率いるプロビエルツは、こう付け加える。

「週末になると私は欧州各国リーグをチェックしているが、ピアテクほどボールをコント
ロールできて、右足も左足も使えて、ヘディングでもタレントを示せるアタッカーはそういない。将来的にはレバンドフスキのレベルにも到達するだろう。世界のトップレベルに、だ」

 2018年9月11日のアイルランド戦(強化試合)でポーランド代表デビューを果たしたピアテク自身は、「レバンドフスキは大好きだけど、より似ているのはハリー・ケインだ」と、普段はトッテナムでプレーするイングランド代表FWで、ロシアW杯得点王の名前を挙げている。

【次ページ】 FWとしてすべてが水準以上。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

クシュストフ・ピアテク
ジェノア
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ