草茂みベースボールの道白しBACK NUMBER

前人未到の1000試合登板。不世出の
鉄腕・岩瀬仁紀を生んだ奇跡の数々。

posted2018/10/01 14:30

 
前人未到の1000試合登板。不世出の鉄腕・岩瀬仁紀を生んだ奇跡の数々。<Number Web> photograph by Kyodo News

9月28日の阪神戦(ナゴヤドーム)、1点リードの9回にマウンドへ。前人未到の1000試合登板を、407個目のセーブで飾った。

text by

小西斗真

小西斗真Toma Konishi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 愛知県で生まれ、ごく普通の公立高校である西尾東で野球を続け、愛知大学からNTT東海に進み、中日ドラゴンズに入団する。王道だとは言わないが、愛知県の野球少年にとって幸せを絵に描いたような経歴である。

 岩瀬仁紀。

 現役最年長選手が、通算1000試合登板という前人未踏の大記録を自らの花道とし、現役引退を決めた。

「酒が飲めない体質」だからリリーフに!?

 大学時代は投打二刀流だった。愛知大学リーグの安打記録にあと1本足りない124安打。

 岩瀬によると「達成できていたら、その後の野球人生が変わっていたと思う。野手で勝負しよう。そう考えたはずですから。あの1本差で打者への未練が断ち切れたんです」。4年生の秋にナゴヤ球場のスピードボールコンテストに参加。136キロを計測し、中日ベンチが「あの若者は何者なんだ」とざわついたのは有名な話だ。

 バットを置き、投手に専念した社会人時代に才能が一気に開花した。当時は2位まで逆指名枠を使えたドラフト制度。1位は福留孝介(日本生命~中日)に決めており、「ぜひ1位で」という他球団の誘いを断っての中日入りだった。

 不世出のリリーフ投手が生まれたきっかけは「酒が飲めない体質」だと知られたから。

 当時の山田久志投手コーチは、自身が酒豪でもある。「先発だと飲んでも次の日は試合で投げないからいいけど、リリーフだと次の日も投げるから酒が残っていると困るだろ?」と抜擢のいきさつを話している。

 もしあと1本安打を打っていれば……。

 もしウワバミだったなら…。

 わずかなイフをすり抜けて、岩瀬は毎シーズン、当たり前のようにフル回転を続けた。

【次ページ】 初動負荷理論が現役生活を支えた。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

岩瀬仁紀
落合博満
山田久志
山井大介
ワールドウィング
米田哲也
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ