Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<カープ正捕手の哲学>
會澤翼「扇の要は怯まない」

posted2018/10/02 06:00

 
<カープ正捕手の哲学>會澤翼「扇の要は怯まない」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 球界随一の「打てる捕手」としてカープの躍進を支えているプロ12年目。
 投手陣の信頼を得られるようになったのはあるエースの一言がきっかけだった。

 濃く直線的な眉のせいだろうか。男より漢の字を当てたい風貌だ。

 會澤翼、30歳。カープの正捕手と呼んで異論は出まい。スタメンマスクの数を指標とすれば、入団11年目の昨シーズン、初めてチームの頭(かしら)となり、今年はその座をより確固たるものにした。

 12年前のいまごろ、水戸短期大学附属高3年の會澤は、取りたての免許を携え車を乗り回していた。高校生ドラフト会議でカープから2人しか指名されなかったうちの2番目で名前を呼ばれると、会見の場には短ランとボンタンという格好で現れた。

 先入観そのままに「やんちゃでした?」と確認する。會澤は口ごもった。

「やんちゃかあ……。まあ、バカはやったかな。ここではあまり言えないけど(笑)。でも野球はしっかりやってましたよ」

 田中将大や斎藤佑樹らと同じ「88世代」の會澤が全国に名を売る機会はなかった。1巡目指名を受けた前田健太の陰に隠れ、無名の新人としてプロの道を歩みだす。

「最初はついていくのに精いっぱいでした。ただ、ほかのキャッチャー陣の方に負けたくないって気持ちは人一倍強かったのかな。反骨心というかね」

 1年目は文字どおりの衝撃とともに幕を開ける。'07年5月、代打として二軍の公式戦に初出場した際、いきなり頭部死球を受けて救急搬送されたのだ。2年目には春季キャンプ中に左肩を脱臼。手術に踏み切り、シーズンをリハビリに費やした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3015文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

V3から日本一へ カープの花道。

Sports Graphic Number 962

V3から日本一へ カープの花道。

 

広島東洋カープ
會澤翼

プロ野球の前後の記事

ページトップ