“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

松本山雅内定・山本龍平が熱く語る、
名門四中工の主将としてのノルマ。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/09/27 07:00

松本山雅内定・山本龍平が熱く語る、名門四中工の主将としてのノルマ。<Number Web> photograph by Takahito Ando

浅野拓磨らを輩出した四日市中央工業高。その主将である山本龍平は来季、松本山雅の一員となる。

「まだ俺にチャンスをくれるんだ」

「“あ、まだ俺にチャンスをくれるんだ”と思いました。一発で合格をもらえるほど甘い世界ではないと分かっていたし、何度も“周りに恵まれて与えられたチャンスだから”と自分に言い聞かせた。もう一度チャンスをもらえたこと自体が幸せなことだからこそ、全国大会に何が何でも出ないといけないと思った。

 そして松本で経験した厳しさや、プロの基礎、プレースピードをチームに求めれば、チームがもっと良くなるとも感じました」

 新たなモチベーションを掴んだ山本は、精神的にもたくましくなった。練習から激しさを求めて、「何が何でも選手権は出場するという気持ちを共有したかった」と、時には厳しく率先してチームの先頭に立った。

 そんな山本に7月、朗報が届く。突然、樋口監督から呼び出されると、「松本から内定をもらえたぞ」と伝えられたのだ。

「練習参加の時と一緒で、“え、なんで?”と、まず最初に不思議に思いました。次の練習に呼んでもらえたら、内定をもらえるように頑張ろうと思っていたので、正直驚きでした。でも、“ここで少しでも浮かれたら、選手権は出られなくなる”と喜びは胸にしまって、気を引き締め直しました」

山雅でやりたいと思わせてくれる。

 三重インターハイが開幕した時、山本は松本の練習場にいた。2度目の練習参加は加入内定者として、松本山雅の練習着に袖を通し、1回目の練習よりも大きな手応えを掴めた。

「反町監督のサッカーは3バックで、僕は左のウイングバックの役割なので、守備はしっかりと戻らないといけないし、攻撃時は逆サイドにボールがあっても攻撃に関わらないといけない。スタミナを求められると感じた」

 1回目と比べて、冷静に自分の未来予想図を描きながらプレーすることができたのだ。

「試合も観たのですが、山雅はサポーターが作る雰囲気が凄まじかった。熱狂的と言うか、表現が難しいけど、あそこでやりたいと思わせてくれる場所を作ってくれる。サポーターを見てここでやりたいと強く思った」

 新たな覚悟を決めて三重に戻ると、チームメートの意識が変わっていることに気づいた。山本は内定したことを伝えていなかったが、周囲も薄々と気づいていたのだ。

【次ページ】 チームメートもガツガツと。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山本龍平
四日市中央工業高校
松本山雅

Jリーグの前後のコラム

ページトップ