話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

宮本恒靖監督でガンバはどう変化?
大激戦の残留争い、3つの光明。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/09/27 10:00

宮本恒靖監督でガンバはどう変化?大激戦の残留争い、3つの光明。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

レヴィー・クルピ前監督の後を受けて就任した宮本恒靖監督。ガンバ大阪を徐々に立て直し、J1残留へと力を尽くしている。

三浦弦太も「的確」という神の声。

 清水戦、渡邉はポスト役で攻撃の流れを作っていたし、小野瀬は全得点に絡んだ。攻撃面だけではなく、ハードワークできる選手で守備面での貢献も非常に大きい。

 ただ、宮本監督の要求は高い。

「康介は今シーズン、山口で10点取った選手。ガンバではまだ取れてないんで、今日も『ゴールを取ってこい』と言ったけど、取れなかった。もちろんアシストもいいけど、点が取れる選手だけにまだまだ物足りない。ゴールを求めたいですね」

 さらに宮本監督の「神の声」も選手に効いている。

 試合中、宮本監督はテクニカルエリアから再三、相手ボールになると早く自分のポジションに戻り、全体をコンパクトにするように指示を出していた。もともとディフェンダーだけに、守備については基本的なことを“なあなあ”にせず、徹底している。

 三浦弦太が「ピッチに出ている選手だけで修正しきれない時、監督は的確に指示してくれるのでありがたい」というように神の声が効果的に選手に届いているのだ。

今後はタフな対戦相手が続く。

 チームがうまくかみ合い、明るい材料が並び始めたが、まだ降格争いから脱出できたわけではなく、J1残留の保証があるわけでもない。

 残留争いは、勝ち点1差でも上位にいることこそが問われる。

 ガンバは現在17位で、これから残留争いを繰り広げている横浜F・マリノス、湘南ベルマーレ、Vファーレン長崎、柏レイソルとの試合が残されている。それだけでなく首位のサンフレッチェ広島、大阪ダービーなどタフな対戦が待ち受けている。

 それでも宮本監督は、強い意志をこう示した。

「残留争いをしている横浜、湘南、長崎とはホームで試合できるんでね。ホームではいいイメージで試合ができているので、そこでしっかり勝つことはもちろん、広島、セレッソの上位チームとの対戦でどれだけ勝ち点を奪えるか。それが残留に向けて大きなポイントになると思う」

【次ページ】 勝ち点は15位と並んでいるから。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ガンバ大阪
宮本恒靖
渡邊千真
小野瀬康介
今野泰幸

Jリーグの前後のコラム

ページトップ