SCORE CARDBACK NUMBER

札幌の大敗と名古屋復活に見る「止める」と「運ぶ」の重要性。~名古屋・風間監督の言葉の2つの違い~ 

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by(C)N.G.E

posted2018/09/28 07:00

札幌の大敗と名古屋復活に見る「止める」と「運ぶ」の重要性。~名古屋・風間監督の言葉の2つの違い~<Number Web> photograph by (C)N.G.E

前半戦を最下位で折り返しながら、W杯中断明けから巻き返した名古屋。第26節時点で総得点42は、リーグ2位。

 止めるのか、運ぶのか――。その違いを曖昧にしたことが、記録的なスコアによる大敗の引き金だった。

 0-7。

 J1リーグ第26節で、川崎フロンターレに屈したコンサドーレ札幌である。勝負の行方を決めた前半の3失点は、いずれも自陣での不用意なボールロストからだった。

 一瞬、ボールが体から離れた隙を狙われ、次々と失点を重ねた。札幌の選手たちは味方のパスを「止める」わけでも「運ぶ」わけでもない、中途半端な状態にあった。

 そこでふと思いだしたのが、名古屋グランパスを率いる風間八宏監督の言葉である。

「ボールを『止める』と『運ぶ』は別モノ。グレーゾーンはない。止めるとは、ボールを完全に支配すること。運ぶとは、体がボールと一緒に動くこと。この区別ができないと、ボールを追いかけてプレーすることになり、見えるものも見えなくなる」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

川崎フロンターレ
北海道コンサドーレ札幌
名古屋グランパス
風間八宏

Jリーグの前後のコラム

ページトップ