話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

宮本恒靖監督でガンバはどう変化?
大激戦の残留争い、3つの光明。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/09/27 10:00

宮本恒靖監督でガンバはどう変化?大激戦の残留争い、3つの光明。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

レヴィー・クルピ前監督の後を受けて就任した宮本恒靖監督。ガンバ大阪を徐々に立て直し、J1残留へと力を尽くしている。

勝ち点は15位と並んでいるから。

 上位との対決でも勝ち点を手にすることで、降格圏から一気に脱出する――。そんな青写真を描いている。

 2012年、ガンバが初めてJ2に降格した時、残り7試合の時点で7勝8分12敗、勝ち点29で16位だった。そのまま最終節まで降格圏外の15位以上に上がることができず、最終戦で磐田に敗れて17位でJ2に降格した。

 今回は残留争いが混沌としており、1試合ごとに順位が変動する厳しい戦いが最後まで続くだろう。だが、'12年と比較してもチーム状態は良くなりつつあり、勝ち点を稼げるようになってきた。しかも17位ながら、勝ち点(30)は15位の鳥栖と並んでいる。

 自力で残留を決められる順位まで、あと1歩だ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ガンバ大阪
宮本恒靖
渡邊千真
小野瀬康介
今野泰幸

Jリーグの前後のコラム

ページトップ