野球クロスロードBACK NUMBER

甲子園常連・聖光学院「谷間の世代」。
13年後にクラブ日本一を目指す理由。

posted2018/09/24 09:00

 
甲子園常連・聖光学院「谷間の世代」。13年後にクラブ日本一を目指す理由。 <Number Web> photograph by Genki Taguchi

全日本クラブ選手権に出場した富士通アイソテックの選手兼任監督、河野勝人。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Genki Taguchi

 谷間の世代――。

 福島県で12年連続夏の甲子園に出場している強豪・聖光学院で、そう呼ばれた男たちが、まだ県内で野球を続けている。富士通アイソテックベースボールクラブの河野勝人と小野裕紀だ。

 彼らが再び全国の舞台を目指すのはなぜなのか。

 河野勝人は、笑みを浮かべながら敗戦の弁を語ってくれてはいる。ただそれは、悔しさを必死に押し殺すため、無理にでも口角を上げているようだった。

 全日本クラブ野球選手権で大和高田クラブに0-7の7回コールド負けを喫し、富士通アイソテックベースボールクラブの河野選手兼監督は、言葉を絞り出すようにチームの敗戦を振り返った。

「力不足ですね。どこかで点が入ればこちらに流れをもってこられたんでしょうけど、それができない難しい試合でした。相手は我慢強く1回、1回しっかり攻撃する徹底力がありましたけど、うちにはそれがなかった」

 4年連続4度目の出場となった今大会、河野は今年が「一番、日本一の手応えを感じている」と意気込んでいた。

高校時代の悔いと日本一への思い。

 富士通アイソテックは4年連続でクラブ選手権に出場する常連だけに、日本一を目指すのは当然だ。そのことについて、河野も「みんな日本一しか見ていないし、ミーティングでも選手たちから『日本一』という言葉が当たり前のように出てきている」とチームの士気の高さを実感している。

 ただ、河野本人の気持ちとしては、日本一を目指す大きな理由はもうひとつある。それは、彼にとってある種、あまり触れられたくない過去である一方で、向き合わなければならない過去でもある。

 河野に問うた。

――高校時代の悔しさを、クラブチームで勝つことで払拭したいのではないか?

 河野の表情が揺れる。う~ん……。少しだけ静寂を作り、心情を述べる。

「ありますね、高校時代の悔しさは。悔しさっていうよりは悔いですかね。日本一になりたい。その気持ちは、高校時代より富士通に来てから強くなったのは間違いないです」

【次ページ】 「死ぬまで思い出しますよ」

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

聖光学院高校
富士通アイソテックベースボールクラブ
河野勝人
小野裕紀

プロ野球の前後のコラム

ページトップ