欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

プレミアリーグで奮闘する3人の侍。
武藤嘉紀、岡崎慎司、吉田麻也の今。

posted2018/09/22 11:30

 
プレミアリーグで奮闘する3人の侍。武藤嘉紀、岡崎慎司、吉田麻也の今。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

ラファエル・ベニテス監督に重用されている武藤嘉紀。ニューカッスルの人々に認めてもらうためには、やはり結果が欲しい。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 移籍早々、武藤嘉紀は難しいシーズンを過ごしている。

 彼が所属するニューカッスルは、プレミアリーグ残留が目標だ。当然、上位との対戦では現実的にならざるを得ない。

 開幕から4節までの間にトッテナム、チェルシー、マンチェスター・シティとの一戦が組まれていたのだから、なおさらだ。

 ラファエル・ベニテス監督は5-4-1の守備的なフォーメーションを採用。武藤の適性と考えられるセカンドトップは、指揮官のプランに存在しないケースが続いている。ただし、第5節のアーセナル戦はホセルとアジョセ・ペレスが縦関係の2トップを構成していた。それでも、武藤はラインアップされなかった。

5-4-1だとチャンスが限られる。

 ニューカッスルの選手たちは、日本代表歴を持つFWの特性をつかみかねているような印象がある。

 武藤が絶妙のタイミングで相手DFラインの背後を突いてもパスが出ない。ライン間に入ってきても無駄に終わる。既存戦力とニューカマーとにありがちな相互理解の不足は、武藤にとって味気ない。

「俺に寄こせ」とアピールしても、「お前に渡してどうなるのだ!?」と訝っている。この問題は、時間が解決してくれるのだろうか。

 また、ベニテス監督が5-4-1を採用したとき、今後も武藤のチャンスは限られる。

 1トップは身体的耐性に優れ、ストレスが溜まるような展開でも愚痴ひとつこぼさないサロモン・ロンドンが最有力で、2番手はホセル。それならばサイドに活路を見出したいところだが、昨シーズンの中盤戦から右にマット・リッチー、左はケネディに固定されて見事に残留を勝ち取った歴史がある。ここでも、武藤は分が悪い。

【次ページ】 短い時間でもインパクトを残せば。

1 2 3 4 NEXT
武藤嘉紀
ニューカッスル
岡崎慎司
レスター
吉田麻也
サウサンプトン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ