Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

大坂なおみが語っていたセリーナ観。
「倒すのをためらうなんて失礼よ」 

text by

内田暁

内田暁Akatsuki Uchida

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/09/11 17:00

大坂なおみが語っていたセリーナ観。「倒すのをためらうなんて失礼よ」<Number Web> photograph by Getty Images

3月のマイアミ・オープンでセリーナに勝利した大坂なおみ。この半年後、同じ相手との決勝戦で初のグランドスラム制覇を成し遂げた。

より速く長く動けるようになった。

――プレースタイルも、以前よりベースラインの後方に立ち、じっくり打ち合っているように見えます。意識して変えたの?

大坂 意識した訳ではなく、たぶん心の持ちようがスタイルを自然と変えたんだと思います。より速く長く動けるようになったので、早い段階で無理に決めにいく必要がなくなった。特に私はベースライン後方からでもポイントを決められるのだから、焦る必要はないと感じるようになったんです。

――ではその上がったフィジカルを、フレンチオープンでも生かせそうですね!

大坂 うーん……クレーは好きなコートではないから(苦笑)。でもフレンチオープンは、他のクレーコートに比べて、ハードヒッターが活躍しやすいコートだと思います。一昨年は(シモナ)ハレプと良い試合ができたし、昨年はハードヒッターの(エレナ)オスタペンコが優勝しているし。リターンの優位性が他のクレーよりも低く、高速サーブが生きるとも感じます。だから……うん、楽しみです!

(Number952号『大坂なおみ セリーナへの憧れの正体。』より)

平成ダービー最強伝説。~総力特集 第85回東京優駿~

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
大坂なおみ
セリーナ・ウィリアムズ
サーシャ・バイン

テニスの前後の記事

ページトップ