SCORE CARDBACK NUMBER

突きつけられた厳しい現実。
第一線を退く「期待の星」。
~テニス・田川翔太、22歳の岐路~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2014/01/10 06:10

突きつけられた厳しい現実。第一線を退く「期待の星」。~テニス・田川翔太、22歳の岐路~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

2013年全日本で準決勝まで進出した田川。自己最高647位で世界との戦いに終止符を打つ。

 早稲田大でインカレ3連覇、全日本選手権では2011年と'13年に2度の4強入りを果たした田川翔太が第一線を退いた。卒業後は保険会社に就職する。実業団のリーグ戦に出ることはあっても、世界に挑むつもりはないという。

 '11年の全日本、デビスカップ代表の杉田祐一をストロークで粉砕した3回戦は衝撃だった。これほど強くたたける選手がいたのかと誰もが目を見張った。翌年は学生大会の合間にサーキットを回り、世界ランクを647位に上げる。彼が世界で活躍する姿を想像すると楽しかった。173cmと小柄だが、フォアの破壊力で勝負する。そのギャップに驚く海外の大男たちが目に浮かぶようだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

田川翔太
杉田祐一
土橋登志久

テニスの前後のコラム

ページトップ