マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

藤原恭大と根尾昂のライバル性。
「自分が打つと、藤原は燃える」 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2018/08/26 11:30

藤原恭大と根尾昂のライバル性。「自分が打つと、藤原は燃える」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

「他校なら4番」クラスの選手が揃う大阪桐蔭でも、藤原恭大と根尾昂の2人の存在感は図抜けていた。

根尾の打球はバックスクリーンへ伸びた。

 そんなこと考えていたその瞬間、やはりチェンジアップ系にわずかにタイミングを外されながら、低く沈み込んだタテの変化を、藤原恭大のスイングは見事に持ち上げて、今度はライトポールの左側に放り込んで見せたから驚いた。

 そんな“回想”をたどっているうちに、5番・根尾昂が打席に立っていた。

 さあ、藤原はなんとも芸術的なバッティングを見せてくれたぞ。キミはいったいどうするんだ。

 今度は、何を見せてくれるんだ。藤原が右手一本なら、キミは“左手一本”のレフト前でも見せてくれるというのか。

 こちらの興奮が、やや錯乱の域に入りかけたあたりで、根尾昂のバットが一閃。

 打球は、センターバックスクリーンめがけて、まっすぐに伸びていった。

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART II>100人のマウンド。

関連記事

BACK 1 2 3 4
根尾昂
藤原恭大
大阪桐蔭高校

高校野球の前後の記事

ページトップ