Number ExBACK NUMBER

中澤、闘莉王と比較され続けるDF
吉田麻也「同率1位は納得できない」

posted2018/08/20 11:00

 
中澤、闘莉王と比較され続けるDF吉田麻也「同率1位は納得できない」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

クラブシーンでの実績は群を抜く吉田麻也だが、明確な「1位」を得るまでは納得することはないだろう。

text by

松本宣昭(Number編集部)

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 史上最高の○○は誰か?

 サッカーに限らず、スポーツファンはこの種の議論が大好きだ。

 史上最高のピッチャーは?

 史上最高のゴルファーは?

 史上最強のボクサーは?

 異なる時代に活躍したアスリートを比べること自体に無理があるとはわかっていても、ついつい比較してしまう。居酒屋でのトークは盛り上がるし、テレビの『○○総選挙』も、あーだこーだ言いながら1位の発表が気になっちゃう。

吉田麻也が「その影と競う」2人。

 当事者であるアスリートにとっては、迷惑千万な話だろう。

「日本サッカー史上最高のセンターバックは誰か?」

 このお題とともに、吉田麻也は、もう何年も中澤佑二、田中マルクス闘莉王の2人と比べられ続けてきた。南アフリカW杯で日本をベスト16に導いた2人が、偉大な先輩であることは吉田自身が誰よりも認識している。

 ただし、南アフリカW杯を境に日本代表から離れた2人と、南アフリカW杯後から代表に定着した自分とでは、比較のしようがない。だから、「ずっと見えない影と競っているような感覚でした」。

 それでも、インタビュー取材では必ずと言っていいほど、2人の先輩についての質問を受ける。そんなときは、こう答えるようになった。

「日本ではクラブでの実績よりも、代表での活躍のほうが評価される傾向にあると思います。僕は、まだ代表で結果を残していない。だからこそ、日本サッカー史上初めてW杯でベスト8に進んだセンターバックになりたいんです」

【次ページ】 史上初のベスト8を目前にして。

1 2 3 NEXT
吉田麻也
中澤佑二
田中マルクス闘莉王
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ