Jをめぐる冒険BACK NUMBER

森保U-21、過密日程でも快進撃。
自主性重視の西野流に似てる?

posted2018/08/17 12:15

 
森保U-21、過密日程でも快進撃。自主性重視の西野流に似てる?<Number Web> photograph by AFLO

ネパール戦の辛勝から中1日、岩崎悠人(左)らのゴールで若き日本代表は見事な快勝を見せた。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

AFLO

 インドネシアで開催されているアジア大会のグループステージ、パキスタンとの第2戦は、1-0だった初戦のネパールから一転、4-0の大勝に終わった。

 もっとも、この試合の価値は大量得点を奪ったことにあるのではなく、その内容と過程にある。

 ロングフィードから裏1本、クロスから、前線のコンビネーションによる崩しから、ミドルシュートと、実に多彩な得点パターンだったのだ。

 もちろん、ベトナムとの初戦にも0-3で敗れているように、パキスタンのレベルを考慮する必要はある。だが、日本だって万全な状態で大会に臨んでいるわけではない。

 8月11日にJリーグを戦い、翌日に集合して軽いトレーニングののちにインドネシアへと出発。13日に軽めの調整をして14日にネパール戦。さらに15日も前日に出場しなかった選手7人だけのトレーニングにとどまっている。

 つまり、戦術トレーニングなど1度たりともできていないのだ。

 それなのに、なぜ、試合内容が一気に好転したのか――。

密なコミュニケーションで好転。

 その理由のひとつに、徹底したコミュニケーションがある。

 2分に生まれた先制ゴールは、3バックの右に入った岡崎慎(FC東京)がロングフィードを前線に送り、飛び出した岩崎悠人(京都サンガ)がGKの前でプッシュしたもの。この場面について、事前に狙っていたとおりだった、と岡崎は明かす。

「ネパール戦を悠人とジョギングしながら見ていて、シンプルに裏だったり、クロスだったりというのが結局なくて1-0で終わったので、そこは昨日からずっと話していた。今日もアップが終わったあとに、『対角線のところを意識しよう』と話していた」

 あるいは、10分の3点目はゴール前の狭い局面で、前田大然(松本山雅)のパスを受けた旗手怜央(順天堂大)がキープして時間を作り、そのリターンパスを前田が決めたものだった。

【次ページ】 ロシアW杯での西野ジャパンも。

1 2 3 NEXT
森保一
岩崎悠人
前田大然
旗手怜央
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ