ぶら野球BACK NUMBER

鳴尾浜と甲子園の、はしご観戦!
“平成最後の夏”を堪能する野球旅。 

text by

中溝康隆

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

PROFILE

photograph byYasutaka Nakamizo

posted2018/08/19 11:30

鳴尾浜と甲子園の、はしご観戦!“平成最後の夏”を堪能する野球旅。<Number Web> photograph by Yasutaka Nakamizo

タイガースファンだけでなく多くの野球ファンが憧れる地“タイガース・デン(虎の穴)”。二軍試合の観戦無料は、球団に感謝しかない!

コアな虎党集結、入場無料の二軍戦。

「阪神甲子園球場にカンビン持ち込みできません」「阪神甲子園球場に駐車場はありません」

 電車内ではタイガースOB桧山進次郎のそんなポスターが掲示されていた。

 鳴尾浜球場へは、阪神電車「甲子園駅」駅前から阪神バスに揺られて20分弱だ。もちろん高校野球ファンで甲子園周辺はごった返している。その人混みをすり抜け、バスに乗り、「県立総合体育館前」で下車。

 見事なほどに周辺にはなにもないが、夏休みど真ん中なので親子連れも多い。

 ちなみに鳴尾浜球場は入場無料。試合開始直前に行くとすでに超満員だった(日によっては入場規制がかかる日もある)。レプリカユニフォームを着た老若男女のコアな虎党が集結し、最近の二軍戦でよく見かける一眼レフを構えたカメラ女子も多数いる。

平日午後でも多くの観客がいた鳴尾浜。

 平日午後にこれだけ客が入るなら、スタンド席を増設して収容人数を増やし、大人1000円でも入場料を取ったら、ひとつのビジネスとして成立するのではないだろうか?

 ロサリオの年俸分で余裕で改修工事できる気が……じゃなくて飲食も入口にある自動販売機のみで、しかも時間帯によってはスポーツドリンクやお茶は全部売り切れランプが点灯している。

 先日行った日本ハム二軍の鎌ケ谷スタジアムと比較すると、施設としてはかなり前時代的に感じてしまう。

 だが、観客もこのハードな観戦環境に慣れたもので、麦わら帽やタオルを頭に置いて基本的に飲食物持参。

 クーラーボックスから冷やし中華を取り出して、子どもに食べさせる肝っ玉母さんの姿も確認できた。

【次ページ】 なぜあの選手がここに……の二軍戦。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

阪神タイガース
江越大賀
高山俊
飯田優也
クリス・マレーロ
高城俊人

プロ野球の前後のコラム

ページトップ