SCORE CARDBACK NUMBER

高い意識のブルペンを支える、マリーンズ左右の“相似形”。~左の松永、右の益田のシーズンを通して戦う方法論~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/08/21 07:00

高い意識のブルペンを支える、マリーンズ左右の“相似形”。~左の松永、右の益田のシーズンを通して戦う方法論~<Number Web> photograph by KYODO

松永の1球勝利は今年7月、西武戦で源田壮亮を打ち取って記録(写真)。益田は'14年9月、同じく西武戦だった。

 同じ関西国際大学出身で、ともに通算100ホールドを達成。史上41人しかいない“1球勝利”の経験を持つところまで共通している。上位を窺うマリーンズ、そのブルペンを支える左の松永昂大と右の益田直也のことだ。松永が一つ上だが、社会人を経ている分、プロ入りは益田のほうが早い。

 2012年にドラフト4位でマリーンズに入団した益田は、2年目にはクローザーとして最多セーブのタイトルを獲得。プロ入りから5年連続で50試合以上に登板し、ブルペンを支えてきた。しかし去年は2度のファーム行きを経験するなど、50試合以上登板が途切れてしまう。益田はこう言っていた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

千葉ロッテマリーンズ
松永昂大
益田直也
関西国際大学

プロ野球の前後のコラム

ページトップ