野ボール横丁BACK NUMBER

創志学園・西純矢の雄叫びと本性。
審判と戦い、知った甲子園の怖さ。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/15 14:10

創志学園・西純矢の雄叫びと本性。審判と戦い、知った甲子園の怖さ。<Number Web> photograph by Kyodo News

9回179球、3被安打9四死球の5失点で大会を去った西純矢。しかしまだ2年生、将来性を見出したファンも多いはずだ。

精神力の弱さが最後に出た。

 しかし、西はもがき苦しみながらも投げ続ける。

 創志学園は、8回を終えた時点で4-2とリードしていた。

 一方、下関国際はバントの構えなどで揺さぶるだけでなく、中盤までは、追い込まれるまで手を出さない「待球作戦」を徹底した。結果、西の球数はそのときすでに149球に達していた。

 西は試合中、汗と雨でぐっしょりになったアンダーシャツを「5、6回」着替えた。そして9回に入る前にもまた着替えた。

 それまでは比較的ゆったりとしたタイプのアンダーシャツを着ていたが、最後の1枚は、締め付けの強いタイプのものだった。

「あれで感じが変わった。疲れもあったんでしょうけど、最終回は、力が入らなくなってしまった」

 いきなり2連続四死球とヒットで0アウト満塁のピンチ。

「自分の精神力の弱さが最後に出た。ビビッてしまって、球場の雰囲気に呑み込まれてしまいました」

 そこから暴投やタイムリー安打などで3失点し、4-5と試合をひっくり返されてしまった。

「甲子園の怖さを知った……」

 西は感情が表に出やすい。そのため、これまでにも審判に注意を受けることはあったが、特に気にしたことはなかったという。

 ところが、この日は動揺してしまった。

「(審判に)強い感じで『おいっ!』とか言われたので……。でも僕の態度が悪かった。そこは反省点です」

 初戦を終えたあとの西は、弾けるような笑顔を見せていた。

「甲子園でいつも以上の力が出た。野球人生の中でいちばんいいピッチングができたと思います」

 この日は一転、「甲子園の怖さを知った……」と憔悴し切っていた。

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART II>100人のマウンド。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

西純矢
創志学園高校
下関国際高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ