野ボール横丁BACK NUMBER

「普通にやれば、150は出る」
金足農・吉田輝星の全力投球宣言。

posted2018/08/14 17:00

 
「普通にやれば、150は出る」金足農・吉田輝星の全力投球宣言。<Number Web> photograph by Kyodo News

154球、6安打3失点で大垣日大を退けた金足農・吉田輝星。大会No.1投手の栄誉をかけて次戦に臨む。

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 8回裏、金足農業のエース吉田輝星は、ストレートの「3速ギア」をトップに入れた。

「あそこは全開で、3者連続三振を取りに行くくらいの気持ちでいきました」

 吉田は3段階のストレートを持つ。

 1速は「キレを意識したボール」、2速は「スピードをやや上げて、低めから浮き上がるようなボール」、そしてトップは「どこにいってもいいから思い切り投げるボール」だ。

 3-3の同点で迎えた8回表、金足農業は、5番・大友朝陽のソロホームランでついに4-3と勝ち越した。吉田は、この一発で「目が覚めた」と話す。

「大友は滅多に表に闘志を見せないタイプ。その大友が闘志を見せていた。前の打席でスリーバント失敗してましたけど、あそこで終わるような人間じゃない。今度は自分が絶対に抑えてやろうと思いました」

 吉田は大垣日大の4番から6番まで、3人の右打者に対し、いずれも最後は低めのストレートで見逃し三振を奪った。

想像以上にホップする吉田の速球。

 吉田のストレートは、ワンバウンドするかと思うようなボールがストライクになり、ストライクに見えるボールが高めに大きく外れるほどホップする。

 吉田はストレートの好不調を、ボールをリリースした瞬間の音で判断するという。

「いいときは扇風機のような『シー』というきれいな音がする。悪いときは縫い目が空気に引っかかるというか、『ゴー』という音がします」

 この日も中盤以降は、いい音がし始めていたという。

【次ページ】 「高めのボールは死んでも振るな」

1 2 3 NEXT
吉田輝星
金足農業高校
大友朝陽
大垣日大高校
柿木蓮

高校野球の前後のコラム

ページトップ