野ボール横丁BACK NUMBER

「普通にやれば、150は出る」
金足農・吉田輝星の全力投球宣言。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/14 17:00

「普通にやれば、150は出る」金足農・吉田輝星の全力投球宣言。<Number Web> photograph by Kyodo News

154球、6安打3失点で大垣日大を退けた金足農・吉田輝星。大会No.1投手の栄誉をかけて次戦に臨む。

「普通にやれば、150は出る」

 報道陣から、侍ポーズにかけて「ぶったぎりましたね」との質問が飛んだ。

「3点とられたので、ぶった切ったとは言えません」

 いや、8回、9回の投球は、それこそ血しぶきが見えるような、圧巻の投球だった。

 次の3回戦で対戦するチームは、ますます手ごわくなる。吉田はこう「フルスロットル宣言」した。

「次の試合は、初回から9回まで全力で行きたい」

 吉田のMAXは150キロだ。試合前、前日に大阪桐蔭の柿木蓮が151キロをマークしたことに触れ、こう話していた。

「まあ、負けられないと思いました。普通にやれば、150は出ると思うんで」

 次の試合、いよいよリミッターが外れた吉田が見られるかもしれない。
 

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART II>100人のマウンド。

関連記事

BACK 1 2 3
吉田輝星
金足農業高校
大友朝陽
大垣日大高校
柿木蓮

高校野球の前後の記事

ページトップ