ゴルフPRESSBACK NUMBER

横峯さくら、全英OPを前に絶好調。
キャディーに夫を指名して成績UP! 

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/30 17:00

横峯さくら、全英OPを前に絶好調。キャディーに夫を指名して成績UP!<Number Web> photograph by Getty Images

今季ここまで、いい流れでゴルファーとキャディーとしての活躍ができている森川陽太郎と横峯さくら。

横峯の弱点を知り尽くす森川の対応。

 大会2日目、9番でバーディーを取った横峯に「ずっと同じ気持ちでプレーを続けよう」と鼓舞し続けた。

「(ショットに)自信がなかった癖が残ってて、2、3個バーディーを取ると『(スコアを落としたくないから)守りのゴルフをしよう』と無意識に思っちゃうんです」(横峯)

 そんな逃げ腰の横峯の心境を見抜いた彼は、的確なタイミングで声をかけていった。結局18番でバーディーを奪い、通算4アンダーで2日目を終える。

 その日の夜に「明日の最終日は攻める!」と2人で再確認したという。横峯は去年の8月末の「ポートランド・クラシック」以来、1ラウンド5アンダーを出していない。

「その5アンダーの壁を破れたら……絶対、本人の自信につながるはずだ」と森川は信じていたのだ。

「一緒の気持ちで戦えたことは良かった」

 最終日の3番にイーグルを奪い、9番でこの日4個目となるバーディーを取った。ここで森川は「次にバーディーをとるか、ボギーを叩くか……試合の分かれ目だよ」と横峯に声をかけたという。

 横峯も「(気持ちが)ピンに向かっていかないと、バーディーはこない」と分かっていたので、すぐさま「ここ大事だね」と返したのだそうだ。

 最後まで強い気持ちで戦い抜いて、プロ入り自己最少スコアを10アンダーに更新し、米ツアー4年目で自己最高位となる2位に入ることができた。

 試合後に「優勝できなかったのは悔しいですね」と言いつつも、久しぶりに横峯から笑顔がこぼれた。

「(主人と)一緒の気持ちで戦えたことは良かったと思う」

【次ページ】 徐々にしっくりし始めた2人の役割り。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横峯さくら
森川陽太郎
ブルック・ヘンダーソン

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ