ゴルフPRESSBACK NUMBER

横峯さくら、全英OPを前に絶好調。
キャディーに夫を指名して成績UP!

posted2018/07/30 17:00

 
横峯さくら、全英OPを前に絶好調。キャディーに夫を指名して成績UP!<Number Web> photograph by Getty Images

今季ここまで、いい流れでゴルファーとキャディーとしての活躍ができている森川陽太郎と横峯さくら。

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph by

Getty Images

 横峯さくらは米ツアーに参戦した2015年以来、今季ここまで2試合で優勝争いができるほどにまで成長してきた。

 この活躍を陰で支えるのは、横峯の夫の森川陽太郎である。

 そもそも彼の職業はメンタルトレーナーなのだが、昨年の8月から横峯のキャディーも務めるようになった。

「本当はやりたくなかったんですよ。だけど、さくらの(ゴルフの)状態が悪かったんです。状態が悪い時に、相性の良いキャディーさんを見つけることはなかなか難しくて、だったら僕をキャディーとして育てるチャレンジはありかなと」

 横峯は昨季におけるショットの不調から、今季のフルシード権を逃してしまっていた。どの試合に出場できるか見通しが立たなかったので、特定のキャディーと年間契約することを避けたのだ。だからといって試合の度に探しても、殆どのキャディーはすでに他の選手と組んでいるため、横峯と相性のいいキャディーが都合よく見つかるとは限らない。

 困った横峯は……ついに、いつも帯同していた彼にキャディーをお願いしたわけである。

メンタルトレーナーの技術を活かした働き。

「(さくらは)良い判断をしましたね」とブリタニー・ヘンダーソンが断言する。

 ブリタニーは弱冠20歳で通算6勝のブルック・ヘンダーソン(カナダ)の姉である。元プロゴルファーで、現在はブルックのキャディーを務める。

「キャディーとして一番大事なことは、選手の性格とゴルフを理解すること。良いキャディーは的確なタイミングでその選手のサポートをします。森川さんはメンタルトレーナーであり、夫としてさくらの良き理解者でしょうから、頼もしい味方ですよね」

 森川自身は、横峯の練習や生活をサポートしているため「横峯がどういう状況の時に、どういう心境でプレーしているのか、誰よりも分かっている」という。

 まだキャディー経験は浅いはずなのだが、今年6月の「ショップライトLPGAクラシック」では、その森川の判断が冴えに冴えた。

【次ページ】 横峯の弱点を知り尽くす森川の対応。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横峯さくら
森川陽太郎
ブルック・ヘンダーソン

ゴルフの前後のコラム

ページトップ