球道雑記BACK NUMBER

ロッテ井上晴哉が「主砲」に化けた!
初球も、追い込まれても打つ男。

posted2018/07/28 09:00

 
ロッテ井上晴哉が「主砲」に化けた!初球も、追い込まれても打つ男。<Number Web> photograph by Kyodo News

入団時からパワーは折り紙つきだったが、今年の井上晴哉は安定感が全く違う。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 もう10年以上前の出来事である。

 とある取材で現千葉ロッテ一軍打撃コーチの金森栄治さんの打撃理論に触れる機会があった。

 当時はプロの世界を離れ、BCリーグ・石川ミリオンスターズの監督として新たな一歩を踏み出そうとしていた金森さん。

 取材中の雑談で筆者が、少年時代、高めの速球にいつも力負けしていたことを伝えると、金森さんは含み笑いを浮かべながらこう返した。

「そりゃあ、基本がなっていなかったからだよ」

 きつねにつままれたような顔でポカンとする筆者。すると、そこからの金森さんは雄弁に語り続けた。

 ピッチャーがなぜ子供の頃から外角低めに投げろと教え込まれるのか。ボールに一番力が伝わる位置はどこか。俗にいう“柔らかいバッティング”とはどんなバッティングを示すのか。

 取材終了時間はとっくに過ぎたというのに、「お構いなし」と言わんばかりに打撃理論を熱く展開する金森さん。ライターとして駆け出しだった当時の筆者にとって、まさに「目から鱗」の取材だった。

ゴルフやふすまを引き合いに出しながら。

 バッティングの原理原則とも言うべき話を金森コーチは選手に伝える。

 時にはゴルフを引き合いに出し、時にはふすまの開け閉めを引き合いに出しながら、身振り手振りで分かりやすいように。

「バッティングのことだったら、いつでも話してあげるからさ。また聞きに来なよ」

 別れ際、気さくな一言をかけてくれた金森さん。そんな金森さんが今年、千葉ロッテの一軍打撃コーチとして6年ぶりにチームに帰って来た。

【次ページ】 完全に生まれ変わった井上晴哉。

1 2 3 4 NEXT
井上晴哉
井口資仁
金森栄治
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ