マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

大船渡・佐々木朗希は本当にダルだ。
足も肩も振りも、全てがそっくり。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2018/07/13 07:00

大船渡・佐々木朗希は本当にダルだ。足も肩も振りも、全てがそっくり。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

最速154kmというストレートに長身……佐々木朗希はダルビッシュを想起させる。

高校野球のあまりにも広いレベル。

 この日、大船渡高・佐々木朗希が投げあった盛岡三高・西舘洸希(3年・186cm85kg・右投右打)だって、好調時には145キロ前後をマークしたことのある県下屈指の本格派右腕なのだ。

 2人の投げ合いを見ながら、フッと思ったことがある。

 さきほどの「第2試合」も高校野球なら、この「第3試合」も高校野球。

 試合の内容には少なからぬ開きがあっても、どちらも同じ時代に生まれた、同じ世代の高校生が奮闘した高校野球。そして大阪桐蔭高の野球も、同じ「高校野球」なのだ。

 いったい、どのレベルの野球が本来の高校野球なのか。

 もしかして、日本の高校野球は上手くなり過ぎてしまったのではないか……。

 まだできることよりできないことのほうが多いはずの10代の少年たちが、野球のような非常に高度なルールと技術を必要とするスポーツに取り組んでいるのだから、もしかしたら、今日の「第2試合」のような野球が本来の高校野球なのではないか。

 私たちは、ひょっとして、「甲子園」ばかりを見過ぎてしまったのではないか。

 明日はもう1日、岩手の高校野球を見て、そこまでは決めているのだが、始まったばかりの“予選旅”、その先はまだ何も決めていない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大船渡高校
佐々木朗希
ダルビッシュ有

高校野球の前後の記事

ページトップ