サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

もしスタメン変更があるとしたら。
西野監督、ポーランド戦の秘策は?

posted2018/06/28 12:00

 
もしスタメン変更があるとしたら。西野監督、ポーランド戦の秘策は?<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

ポーランド戦前の記者会見での西野朗監督。その表情は、笑顔なく、油断なく……非常に安定したメンタルを感じさせた。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama/JMPA

 さあ、決戦である。

 最初に、グループリーグ突破の条件を整理しておこう。ここまで1勝1分で勝点4の日本は、セネガルと勝点、得失点差(プラス1)、総得点(4)のいずれも同じの首位タイである。3位のコロンビアは勝点3で、総得点は上位2カ国と同じだが得失点差(プラス2)で日本とセネガルを上回る。ベスト16入りはこの3カ国に絞られており、2連敗のポーランドはすでに敗退が決まっている。

 日本時間28日23時キックオフのポーランド戦で、日本に求められるのは引分け以上の結果だ。

 勝点1を上積みすれば、セネガル対コロンビアの結果にかかわらず自力で2位以内を確保できる。ポーランドに勝って勝点を7にのばせば、首位通過も見えてくる。

 ポーランドに負けた場合も、可能性が消滅するわけではない。

 いずれにしても、西野朗監督は目の前の試合に集中する。同時刻にキックオフされる試合については、「気にしたくないし、選手たちに伝えるつもりもないです」と話す。

ポーランドは今度こそ勝利に徹してくるはず。

 前日までに6つのグループが全日程を消化したが、ポーランドと同じ立場で勝利をつかんだ国がある。

 サウジアラビアとペルーが、最終戦で勝利をつかんだ。

 勝点3をつかんでも2位以内に浮上できない戦いで、プライドと意地を見せつけた。

 それだけに、西野監督も警戒心を解いていない。ここまでノーゴールのポーランドの主砲ロベルト・レバンドフスキが、得点への意欲を剥き出しにしてくると想定する。

「W杯に消化試合はあり得ない。グループリーグ敗退の決まっているポーランドですが、日本相手に何とか一矢報いるということで、世界屈指のストライカーにとっても、何としてもゴールをという気持ちだと思います。強いポーランドが明日いると思うので、それ以上のスピリットを持って戦わないといけない」

【次ページ】 キャプテン長谷部誠は温存か?

1 2 3 NEXT
西野朗
長谷部誠
山口蛍
岡田武史
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ