ロシアW杯PRESSBACK NUMBER

ロナウドの運動量と支配率の反比例。
薄氷のポルトガルこそW杯の面白さ。 

text by

杉山孝

杉山孝Takashi Sugiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/26 14:30

ロナウドの運動量と支配率の反比例。薄氷のポルトガルこそW杯の面白さ。<Number Web> photograph by Getty Images

メッシに続いてクリスティアーノ・ロナウドもPK失敗。軒並み強豪が苦しむからこそ、今大会は面白い。

あのスペインとポルトガルが1勝のみ。

 試合は、まだ終わらなかった。

 89分、交代で入っていた左サイドバックのミラド・モハマディが、パスカットからの中央へのドリブル侵入で端緒を開き、クロスまでつなげる。シュートには至らなかったが、この日3度目のVARには持ち込めた。ようやく4分後にDFのハンドが認められ、カリム・アンサリファルドの同点PKが決まった。

 最終的に、イランは勝利と16強に届かなかった。グループ突破もスペインとポルトガルという、開幕前の下馬評通りに落ち着いた。

 だが、この2チームが1勝どまりになるとの予想は、決して大勢ではなかったはずだ。

 現ヨーロッパ王者、そして6度目のバロンドールへギラつく現バロンドール保持者が、最後の最後まで冷や汗をかいたグループステージ。

 世界は広く、だからこそW杯は面白い。

関連記事

BACK 1 2 3
クリスティアーノ・ロナウド
アドリエン・シルバ
ウィリアム・カルバーリョ
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ