ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

オシムがコロンビア戦に見る希望。
「岡崎と乾、香川。そこに本田も」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/18 11:30

オシムがコロンビア戦に見る希望。「岡崎と乾、香川。そこに本田も」<Number Web> photograph by Getty Images

パラグアイ戦で2ゴールを挙げた乾貴士。香川真司とのコンビネーションはオシムも高く買っている。

日本流ティキタカは時代遅れではない。

――乾です。

「ループ気味のシュートを隅に放ち、キーパーは触ることができなかった。日本が実践するティキタカ(バルセロナ流のパスサッカー)は、私はもう時代遅れだと思っていた。だが、ワールドカップでは、それが本当に過去のものかどうかがわかるだろう。他のチームもこのスタイルを実践するかどうか。

 ただ、日本に関してはとても合ったスタイルで、アグレッシブにプレーができる。機動性に富んだ日本流のティキタカで、それが実践できるのは素晴らしいコンディションにあるということだ。

 すべては頭の中で生じる。頭の中がすべてと言ってもいい。勇気を持つのも。もしも自分に自信が持てれば、それだけで大きな力を発揮できる。それができない理由はない。ただし相手もまた自分たちと同じだ。彼らにも同じ力がある。

 今日のここまでのパフォーマンスは、日本が優れたプレーができることを誰の目にも明らかにした。フィジカルがフィットしてテクニックも進化が見られた。ただ、まだ動きがあまり効果的ではない。求められるレベルまで達しているとは言い難い。というのもひと試合で得点機を10回は作れない。2~3回のチャンスを生かしきるための効率は不可欠だ。

 しかし言うは易いが行うは難しい。練習で精度を上げていくしかない。パスやコンビネーションの精度はさらに上がる。ワールドカップを戦うためには、より正確な技術が求められる。

 それから守備に関しては、選手たちがどうすればいいかをもっとよく理解することを望む。あと少しのレベルアップが必要だ。

 ベンチには優れた控え選手たちがいて、彼らの力も頼りにできる。本田、ふたりの酒井も優れた選手だ。マルセイユでプレーする宏樹はもちろん、ハンブルガーSVの高徳も悪くない。彼らはそれぞれが経験を積み、頭の中が成熟している。シリアスで、日本が以前とは違うことを端的に物語っている。

 今の日本を誰も軽視することはできない。選手はみな俊敏でよく動く。ひとりで状況を打開できる力を持ち、1対1でも決して引けを取らない。とても危険なチームであるといえる。年齢がもたらした効果だ。

 南米のチームはどこも抜け目がない。見ろ、パラグアイがチャンスを作った。だがオフサイドで取り消された。まだレフリーは買収されていないようだ(笑)。とにかく日本が幸運に恵まれることを望む」

【次ページ】 コロンビアにはより注意が必要だ。

BACK 1 2 3 4 NEXT
イビチャ・オシム
香川真司
乾貴士
岡崎慎司

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ