ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

オシムがコロンビア戦に見る希望。
「岡崎と乾、香川。そこに本田も」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/18 11:30

オシムがコロンビア戦に見る希望。「岡崎と乾、香川。そこに本田も」<Number Web> photograph by Getty Images

パラグアイ戦で2ゴールを挙げた乾貴士。香川真司とのコンビネーションはオシムも高く買っている。

屈強なFWがいないことが常に弱点だ。

――香川が点を決めましたね(ここでようやくまだ試合中であることに気づく)。

「GKもちょっとまずかった。ああいう反応はワールドカップではあり得ない。もっと冷静に対処するべきだった。しっかり予測すればそう難しいシュートではない。しばしばこういう状況にはなるが……キーパーがこうも簡単に失点しては戦うのは難しい。追いつくのは簡単ではない」

――香川は代表では9カ月先発出場がありませんでした。

「香川は、もっと良くなるだろう。彼のコンディションがどうなのかよくわからないが、とても危険な選手であるのは間違いない。ただ、以前の彼の方が今よりずっと良かったし、チームの中での重要度も高かった。彼の出来がいいときは、チーム全体が彼とともに連動して、通常ではあり得ないパフォーマンスを実現していた。とはいえ卓越したゲームメイカーで、ドリブル、パス、シュートのテクニック、どれをとっても一級品だ。彼が調子を上げて、岡崎ももっと危険な存在になると日本は面白い。

 乾もまた危険だ。彼は何をするか予測がつかない。何をしだすかわからない犬のようだ。彼のように興味深い選手がこのチームには何人もいる。彼らがプラスアルファをもたらすことを願っている」

――本田はかつての力はもはやないと懸念されています。

「本田のことももちろん忘れてはいない。彼はチームが厳しい状況に置かれたときに、冷静に対処して打開できる選手だ。キープ力と破壊力のあるシュートがあり、パスもキッチリと出せる。視野も広く、状況を把握する能力も高い。

 岡崎と乾、香川がうまく連動すれば、相手にとって大きな脅威になる。そこに本田も絡むことができたら……。他の選手たちも彼らの力をうまく利用できる。ただ、日本には、屈強なフォワードがいないことが常に弱点だ。ときにひとりで試合を決めることができるフォワードが。

 とはいえ西野監督は選手の特質をよく理解している。彼なら選手たちから最大限の力を引き出すことができるだろう。

 日本の皆さんにくれぐれもよろしく伝えてくれ」

――わかりました。メルシー、イバン。

日本代表、未来を懸けて。

Sports Graphic Number 954・955・956

日本代表、未来を懸けて。

コメント

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イビチャ・オシム
香川真司
乾貴士
岡崎慎司

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ