ロシアW杯PRESSBACK NUMBER

イングランドはプレミアの二線級?
若い力でW杯8強なら上出来か。 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/17 17:00

イングランドはプレミアの二線級?若い力でW杯8強なら上出来か。<Number Web> photograph by Getty Images

イングランドの将来を担うデル・アリ(右)とダイアー。今回のW杯は長期的スパンを見据えた上での戦いとなる。

明確な戦略・戦術を構築できていない。

 そして個のクオリティではブラジル、ドイツ、フランス、スペインに劣り、なによりもサウスゲイトが指揮官としての場数が少なく、これといった戦略・戦術を構築できないまま開幕を迎えてしまった。

 ワールドカップという特別すぎる舞台でうまく立ち回れるのだろうか。チームとしての対応力に、大きな大きな疑問符がつく。

 ベルギー、パナマ、チュニジアと同じ組に入ったグループステージは勝ち抜けるだろう。コロンビア、セネガル、もしくはポーランドとの対戦が予想される決勝トーナメント1回戦も、突破できる公算が大きい。

 ただ、戦略・戦術の完成度が低く、経験不足で、個のクオリティも高くないのだから、おのずと限界は見えてくる。ロシアワールドカップのイングランドは、ベスト8に進出できれば上出来だ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
デル・アリ
ガレス・サウスゲイト
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ