JリーグPRESSBACK NUMBER

大島僚太に「自分の全てを教えた」
憲剛流ゲームコントロールの極意。 

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2018/06/14 07:00

大島僚太に「自分の全てを教えた」憲剛流ゲームコントロールの極意。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

W杯を前に、期待度が大きく上がっている大島僚太。その成長は中村憲剛という最高のお手本が間近にいたからこそだ。

「俺は育て方を間違っていなかったな」

 こうした助言を経ながら、大島はゲームコントロールの極意を身につけていった。そしてチームは昨年リーグ制覇を果たしている。優勝が決まって等々力のピッチで泣いてうずくまる自分の元に、すぐに大島が駆け寄ってきていたことを映像で知った中村は、感無量だったという。

「最初、ノボリ(登里享平)が来ているのかな。で、その後にリョウタが来ているんですよ。それを見て、『よかった。俺は育て方を間違っていなかったな』と(笑)。自分の思いをちゃんと汲んでくれていたんだな。あれをみて、このチームで優勝してよかったなと思った」

 ロシア大会の舞台の幕が、まもなく上がる。中村は自分の思いを重ねるように、期待を寄せる。

「楽しみだよね。前回は、ヨシト(大久保嘉人)ぐらいだったし、そういう楽しみがなかったから。リョウタが日頃、ここでやっていることをどれだけピッチで出してくれるか」

 スイスとの親善試合、中盤では大島を経由するボールが明らかに増えた。

 それは西野ジャパン対策を進めている対戦相手からのマークが厳しくなることとイコールでもあるが、そんな状況に直面したときの打開策も、大島には備わっているはずだ。

 いかにして相手を困らせることができるか。

 W杯のピッチで、そんなことを考えながらプレーしている大島僚太の姿を目撃したい。

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5
中村憲剛
大島僚太
川崎フロンターレ
向島建
遠藤保仁

Jリーグの前後のコラム

ページトップ