JリーグPRESSBACK NUMBER

永井監督「中村俊輔を超えるよ」
山本理仁、17歳でヴェルディ司令塔。

posted2019/09/07 19:00

 
永井監督「中村俊輔を超えるよ」山本理仁、17歳でヴェルディ司令塔。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

山本理仁は17歳にしてヴェルディのゲームメークを託されるなど、永井秀樹監督のもとで着実に成長の後を見せている。

text by

海江田哲朗

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 長短自在のパスを操り、中盤の底、あるいは最終ラインから攻撃の起点となる。ボールを足元に置き、背筋をピンと伸ばしてピッチを広く見渡す姿は堂に入ったものだ。

 山本理仁、17歳。

 今季、東京ヴェルディユースから飛び級でトップに昇格し、その左足を武器に早くも14試合に出場。シーズンの半ばを過ぎ、永井秀樹監督となってからはすっかりチームの中心に君臨する。

永井監督「ライバルはフォデン」

 2年前、東京Vユースを率いていた永井監督は高1の山本を指して「あいつは中村俊輔を超えるよ」と言った。そして、今春のトップ昇格に当たっては「日本の同世代と比べ、上だとか下だとかを語るべき選手ではない。ライバルはフォデンだからね」。

 フィル・フォデン。マンチェスター・シティとイングランド代表の、次代を担うと言われるレフティだ。年齢は山本のひとつ上になる。

 現時点で、2001年生まれのトップランナーは、日本代表に選出され、リーガ1部のマジョルカに所属する久保建英で異論は出ないだろう。だが、J2にも山本や斉藤光毅(横浜FC)など、豊かな将来性を秘める逸材はいる。

 山本がボールを蹴り始めたのは、学生時代、サッカーに打ち込んだ父の影響だ。

 幼少期、初めて所属したチームは、地元相模原市のつくい中央FC。そこは週末だけの活動で、平日はヴェルディS.S.相模原のスクールにも通い始める。

 もっとも、常日頃からボールを蹴る相手には困らなかった。父はひまさえあれば外に連れ出してくれ、3歳上の姉の男友だちと仲よくなり、近所の公園でおおいに鍛えられた。いまでは山本にとって最も身近な応援団だ。

【次ページ】 「建英のことは僕らの間でも話題で」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山本理仁
東京ヴェルディ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ