プロ野球亭日乗BACK NUMBER

まるで黒澤映画の剣豪対決!
大谷翔平×田中将大、初対決の真実。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byAlex Trautwig/MLB Photos via Getty Images

posted2018/05/28 13:00

まるで黒澤映画の剣豪対決!大谷翔平×田中将大、初対決の真実。<Number Web> photograph by Alex Trautwig/MLB Photos via Getty Images

背番号19の田中将大と17番の大谷翔平のメジャー初対決は、三振と四球という静かな結果に終わった。

まるで……黒澤映画の剣豪同士の斬り合いのような。

 全15球で大谷がバットを振ったのは5球。そのうちファウルチップが1球で4つの空振りと、ボールがフェアゾーンに飛ぶことはなかった。

 その結果、2人の初顔合わせは三振と四球だけという極めて“静かな対決”に終わっている。

 しかしヤンキースタジアムを舞台とした対決は、まるで黒澤映画の剣豪同士の斬り合いのようだった。

 18.44メートルを隔てて息詰まるような緊迫感と濃密な空気を作り出したのは、まさに大谷と田中だったのである。

 勝った田中はこれでメジャー通算58勝目。シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手を抜いて、文字通り今メジャーで投げている日本人としてはトップに立つ投手となった。

「すごく勉強になりましたけど、やっぱり勝ちたかった。勝てるチャンスがいくつもあったので、そこをチーム単位でものにできなかったなっていう悔しさが残るゲームだったかなと思います」

 ヤンキースを、田中を倒さなければワールドチャンピオンへの道は開かれない。そのことを大谷が噛み締めたニューヨークの試合でもあったはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大谷翔平
田中将大
ロサンゼルス・エンゼルス
ニューヨーク・ヤンキース
ダルビッシュ有

MLBの前後の記事

ページトップ