メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

魔術師マエケンが奪三振マシンに。
秘密は「技」と「力」のバランス。

posted2018/05/29 11:30

 
魔術師マエケンが奪三振マシンに。秘密は「技」と「力」のバランス。<Number Web> photograph by Getty Images

快投が続く原因について、「投球フォームの微調整がうまく行っている」と前田本人は話している。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Getty Images

 奪三振率、11.72。(5月27日現在)

 マエケンが今、ちょっと、凄い。

 この数字は先発投手としてナ・リーグ9位を誇り、大谷翔平の11.60、ダルビッシュ有の11.03、田中将大の8.37を抑え、日本人投手では堂々のトップに立っている。

 前田の投げる直球は平均で92マイル(約148キロ)だ。平均で95マイル(約153キロ)を超える大谷やダルビッシュほどの剛球はない。加えて大谷や田中が持つ鋭く落ちるスプリットもない。

 なのに、彼は今、“奪三振マシン”の称号を持っている。これはなかなか面白い話と言える。

 前田の投球の根幹を支える球種は直球とスライダーだ。変幻自在にスライダーを操る術は日本時代から“魔術師”とも表現されてきた。今季はこの2つに加え、カーブとチェンジアップを投げているが、昨季まで投げていたツーシーム、カットボールはほとんど投げていない。今季の球種別での割合は以下のようになっている。

直球      約50%
スライダー   約30%
カーブ     約10%
チェンジアップ 約10%

研究しつくされた立場、目立たない球速。

 直球とスライダー中心。実にシンプルな配球であることもうかがえる。この持ち球で11.72もの奪三振率に達するには、直球の平均球速が95マイル(約153キロ)を超えることが一般的だ。11.88でリーグ2位につけるメッツのジェイコブ・デグロムがいい例だ。だが、前記した様に前田の直球のアベレージは150キロに満たないのである。

 加えて、彼はルーキー投手ではない。2年連続で二桁勝利を挙げた3年目の先発投手である事実は、データ全盛のメジャーリーグに於いて、ボールの軌道、球種別の配球率など、全てが丸裸にされているといっていい。

 その上で‘16年の9.17、'17年の9.38から奪三振率をさらに上昇させている。

【次ページ】 「初球とかはど真ん中でもいい。今は少し力で」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

前田健太
ロサンゼルス・ドジャース

MLBの前後のコラム

ページトップ