炎の一筆入魂BACK NUMBER

沢村賞の才能秘める広島・岡田明丈。
異常に低い被打率を誇る球質とは? 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/05/14 12:15

沢村賞の才能秘める広島・岡田明丈。異常に低い被打率を誇る球質とは?<Number Web> photograph by Kyodo News

4月25日のDeNA戦での先発で「力感」のイメージをつかみ、一皮むけた感のある岡田明丈。

独特の球質は「真っすぐが特徴的でカット滑りする」。

 未完成のものゆえ、見る者、見る視点からも、岡田の現在地は異なって見えるようだ。岡田評はさまざま。

 広島の井生崇光スコアラーは得意球の真っすぐを高評価。「真っすぐが特徴的でカット滑りする(カットボールのように変化する)。(右投げなので)いいときは左打者に食い込むように入っていく」。

 そう分析しながら「だからこそ岡田にはもっと真っすぐにこだわってほしい」とさらなる成長を期待した。

 昨季、被打率3割7厘と苦手にしていた左打者(右には2割1分7厘)を今季は1割7分9厘に抑え込んでいる。右にも2割1分1厘と苦にしているわけではない。

 バッテリーを組む会沢翼は「スライダー、チェンジアップがいいと、真っすぐが生かされる。岡田の真っすぐは相手も狙ってくるので、その中でスライダーなどが使えると大きい」と成長を認める。

岡田の球は「速くて、強い」(今村)。

 投球の軸はやはり真っすぐ。

 岡田自身、昨季まで「自分の中で球種は1つというくらい。ストレートと同じくらいのレベルまでには、どの球種も行っていない」と話していた。しかし変化球の精度向上によって、そのストレートはさらに威力を増した。

 では、岡田の真っすぐの特徴とは……。

 同じ投手の今村猛は「速くて、強い」と表現する。「(球の)回転数とは違う。きっと球持ちがいいんだと思う」

 球速や軌道だけでは計れない「強さ」が岡田の真っすぐにはあるという。

【次ページ】 昨季後半、二軍降格になった事情とは?

BACK 1 2 3 4 NEXT
岡田明丈
広島東洋カープ
菅野智之
今村猛

プロ野球の前後のコラム

ページトップ