JリーグPRESSBACK NUMBER

鹿島の窮地を救うのは、鈴木優磨!?
「ブーイングがないのは心に来る」 

text by

池田博一

池田博一Hirokazu Ikeda

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/04 17:00

鹿島の窮地を救うのは、鈴木優磨!?「ブーイングがないのは心に来る」<Number Web> photograph by Getty Images

11節終了時点で、鹿島アントラーズの得点数はJ1最少。鈴木優磨のゴールに期待は集まっている。

チームを救うゴールを自分で。

 昨季終盤には出番を失い、チームとしても最後の最後でリーグ優勝を逃した。

「変わらなければ次にはいけない」

 その思いが行動につながり、プレーとして表れた。ゴリゴリのドリブル、圧倒的な個人技で相手を打開するC・ロナウドに、万能型FWハリー・ケインを理想像に加えて、鈴木は変わった。ゴール前で仕事をするだけでなく、サイドで起点になったり、相手をタイミングで抜いてPKを奪ったり。今年はさらに存在感を増している。

 今、チームは不調のときを迎えている。そんなときこそ、チームを救うゴールを取りたいと強く思う。

「これだけ結果が出ていないのは本当に申し訳ない。サポーターの皆さんは負けた後でも、力強くアントラーズコールをしてくれている。ブーイングがないのは心に来るんですよね。本当に感謝しかない。早くみんなで喜びたい」

 小さい頃からゴール裏でアントラーズの試合を見てきた。アントラーズサポーターの熱さは誰よりもわかっている。ゴールを決めれば真っ先にゴール裏へユニフォームのエンブレムを指し示して気持ちを伝える。ゴール裏のサポーターを大いに沸かせるパフォーマンスを見せてくれるのもまた、鈴木の表情の1つである。

「ゴールを奪うために、いろんなプレーができるようになりたいんです。そのためにはもっとやれることがある。毎日、必死です」

 熱く、真摯にサッカーへ取り組む男は、金髪の頭をかきながら、またふっと真剣な表情を見せた。

関連記事

BACK 1 2 3 4
鈴木優磨
鹿島アントラーズ

Jリーグの前後の記事

ページトップ