One story of the fieldBACK NUMBER

年齢を重ねることで手に入れたもの。
タイガース福留が語る対菅野の裏側。

posted2018/04/20 07:00

 
年齢を重ねることで手に入れたもの。タイガース福留が語る対菅野の裏側。<Number Web> photograph by Kyodo News

開幕から5番レフトでスタメン出場している福留は4月18日現在、打率3割1分3厘、2本塁打、7打点。キャプテンも担っている。

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 開幕から一進一退が続いているタイガースだが、4月18日時点で貯金1はオープン戦最下位だったことを考えれば上々と言えるだろう。特に巨人・菅野智之から5点を奪った今季のオープニングゲームはハイライトと言える。そして、そんな1カ月の立役者が福留孝介だ。

 3月30日、東京ドームのマウンドには巨人の、球界のエース菅野が立ちはだかっていた。初回を3人で片付けると、2回も新外国人ロサリオを打ち取って、1アウト。ここで福留と向かい合った。

「じつは、あれは空振りしたのが良かった。全然ダメだなって思ったのが良かったんだ」

 福留はこの打席で飛び出す菅野攻略の突破口となる一打について、こう明かした。

スイングを修正して、叩くように一閃。

 初球。外のボール球を見極めた福留は、2球目の内角スライダーを強振した。新しいシーズンで、最初にきたストライクに対してフルスイングしていくのは、これまでもずっと貫いてきたスタイルだが、この打席でも、その1スイングがいろいろなことを教えてくれたという。

「あの空振りはバットが下から出ている感じで全くダメだった。でも、(バットを)振らなければそういう感覚もわからない。それで次の球は上から叩こうというイメージでいたら、ちょうどいい球がきたんだ」

 スイングの感覚を修正して、打ちにいった3球目は外角高めのストレート。上から叩くように出したバットにどんぴしゃりの打球は、左翼ポールを直撃する先制ソロホームランとなった。

 狙い澄ましたような1発に、開幕の緊張感は吹き飛び、順調な立ち上がりだったマウンドの菅野に狂いを生じさせた。

 そこから2年目コンビの大山悠輔、糸原健斗が続き、この回、さらに1点を奪った。今、リーグで最も難攻不落といわれる右腕を打ったのだ。

【次ページ】 ポーカーフェースの裏で待っていた球種。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

阪神タイガース
福留孝介
菅野智之

プロ野球の前後のコラム

ページトップ