フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

ザギトワの世界選手権不振の理由。
思春期ならでは、必然の悩みとは。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byISU/ISU via Getty Images

posted2018/04/01 11:30

ザギトワの世界選手権不振の理由。思春期ならでは、必然の悩みとは。<Number Web> photograph by ISU/ISU via Getty Images

世界選手権で、エテリ・コーチの胸で泣きじゃくるザギトワ。自分の身体の異変に、どこまで対応できるだろうか……。

ロシア人が絶叫した……フリーの失敗。

 ミラノのSPでは、コンビネーションジャンプの最後でバランスを崩しかけて早目にフリーレッグをつき、カロリーナ・コストナーに次いで2位スタートになった。だがそれでも決して、大きな失敗ではなかった。

 だがフリー「ドン・キホーテ」では最初の3ルッツ、2アクセル+3トウループ、そして後半につけた3ルッツ+3ループのコンビネーションジャンプで転倒。最初の転倒時には、見守っていたロシアのメディア関係者が絶叫していたが、最後はもう声も出ない、というほどショックを受けていた。

 演技終了後、泣きじゃくっていた本人はもちろん、エテリ・トゥトベリーゼコーチもメディアの対応はせず、アシスタントコーチで振付師でもあるダニイル・グレイヘンガウスから次のようなコメントが出た。

「応援してくれたアリーナのファンにはお詫びしたい。彼女はまだ15歳で世界選手権は今回が初めて。残念ながら緊張感にうち勝つことはできなかった。

 これほどひどい演技をしたアリーナを見たことはなく、我々にも何が起きたのかよくわからない。分析して、練習を続けていきます」

思春期になり、身体に劇的な変化が?

 ザギトワの身長が、平昌オリンピックから3センチ伸びたことを明かしてくれたのは、ロシアのベテラン・スポーツジャーナリストだった。

 ザギトワ自身、ロシアのプレスに答えて、「このところ体が成長して調整に苦労している」と告白している。

 どうやら世界選手権での不調は、単にオリンピック疲れというわけではなさそうだ。

【次ページ】 13歳の少女が4回転を跳べたのにはわけがある。

BACK 1 2 3 4 NEXT
アリーナ・ザギトワ
エフゲニア・メドベデワ
エテリ・トゥトベリーゼ
ユリア・リプニツカヤ
アレクサンドラ・トゥルソワ
グレイシー・ゴールド
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ