SCORE CARDBACK NUMBER

芸術か、それともスポーツか。ザギトワが生み出した論争。~得点が出る演技構成を選ぶのは当然だが……~ 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byAsami Enomoto/JMPA

posted2018/03/19 06:00

芸術か、それともスポーツか。ザギトワが生み出した論争。~得点が出る演技構成を選ぶのは当然だが……~<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

平昌五輪女子フリーでザギトワはエフゲニア・メドベデワと同点だったが、ジャンプで加点し技術点では上回る。

 演技後半のジャンプは基礎点が1.1倍になるというルールを巡り、論争が起きている。平昌五輪の女子シングルで優勝したアリーナ・ザギトワ(ロシア)が、ショートで3本、フリーで7本、すべてのジャンプを演技後半に跳ぶ戦略で高得点を稼いだからだ。

 米国のアシュリー・ワグナーはSNSで「前半は時間を潰し、後半はただジャンプをするだけ」と批判。日本スケート連盟も「演技後半のジャンプの数は制限する」というルールの提案を国際スケート連盟(ISU)に提出した。岡部由起子ISU技術委員によると「6月のスペインでの総会で、他のルール変更とともに議題に取り上げます」という。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 620文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

僕らは本田圭佑を待っている。

Sports Graphic Number 948

僕らは本田圭佑を待っている。

 

アリーナ・ザギトワ
アシュリー・ワグナー
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ