フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

ザギトワの世界選手権不振の理由。
思春期ならでは、必然の悩みとは。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byISU/ISU via Getty Images

posted2018/04/01 11:30

ザギトワの世界選手権不振の理由。思春期ならでは、必然の悩みとは。<Number Web> photograph by ISU/ISU via Getty Images

世界選手権で、エテリ・コーチの胸で泣きじゃくるザギトワ。自分の身体の異変に、どこまで対応できるだろうか……。

ザギトワの今の最大のチャレンジは……。

 だがそんな中でも、エフゲニア・メドベデワは15歳でシニアデビューし、18歳の現在までアスリートとしての体型をきれいに保ってきている。

 彼女の並々ならぬ意志の強さのたまものに違いないが、ザギトワもこの同門の先輩のように調整していくことができるだろうか。

 本来育ち盛りのティーネイジャーに、こうした厳しい節制が要求されるのは残酷なようではある。でもこれはフィギュアスケートに限らず、多くの女子競技スポーツの現実だ。

 ザギトワの勝負は、このオフシーズンをどのように過ごすかということになるだろう。

 試合がない夏の間に、油断をして体重が増加してしまう選手は少なくない。やはり摂食障害を告白して競技から休みをとっているアメリカのグレイシー・ゴールドも、調整を崩したのは夏のオフシーズンだった。

 来季、フィットして調子を取り戻したザギトワを再び見ることができるかどうか。

 そして何より、健康でこのスポーツを楽しみ続けてくれるだろうか。

 コーチチームの手腕にも、期待したいところだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
アリーナ・ザギトワ
エフゲニア・メドベデワ
エテリ・トゥトベリーゼ
ユリア・リプニツカヤ
アレクサンドラ・トゥルソワ
グレイシー・ゴールド
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ