Overseas ReportBACK NUMBER

男女格差問題が米国で沸騰中!
スポーツの世界でも完全に平等か? 

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/03/29 16:30

男女格差問題が米国で沸騰中!スポーツの世界でも完全に平等か?<Number Web> photograph by Getty Images

2015年の女子サッカーW杯優勝および2回の五輪金メダルを誇る女子サッカーの“レジェンド”アビー・ワンバック。

サッカーW杯の賞金は男女で19倍差。

 今夏のロシアワールドカップの優勝チームの賞金は3800万ドル(約39億円)だ。

 出場する全チームに800万ドル(約8億3000万円)が与えられる予定だか、2015年の女子ワールドカップの優勝チームの賞金は200万ドル(約2億円)、出場チームへの賞金は10万ドル(約1000万円)と桁違いの格差となっている。

 アメリカの女子サッカー代表チームのキャプテンを務めたこともあるアビー・ワンバックが「女子は人工芝のスタジアムでプレー、賞金も少ない。待遇を改善してほしい」とFIFAに訴える気持ちも理解出来る。

 彼女たちのプレーは男子に比べれば劣るかもしれないけれど、競技の振興という点で担っている役割はとても大きいはずだ。

日本のゴルフ界は男女逆転現象が?

 世界的にはゴルフも格差が大きく、アメリカを中心とした女子選手たちが賞金格差の是正やトーナメント数の増加を訴えているけれど、なかなか厳しい状況だ。

 しかし日本の場合は女子ゴルフの方が人気が高く、試合数も賞金総額も男子よりも多いというのは……世界的に見て、とても稀なケースだろう。

 日本は中学や高校でスポーツ活動をしていても、大学に入ると辞めてしまうケースが多い。本人のやる気なども関係してくると思うけれど、環境が揃っていないことも影響しているはずだ。

 日本では来年度中に、アメリカのような大学スポーツの振興を目的とした「日本版NCAA」が創設されることになっている。アメリカのすべてを真似るのは難しく、また構築には時間がかかると思うが、女子スポーツの振興、そして男女平等という点にもぜひ力を注いでほしい。

関連記事

BACK 1 2 3
アビー・ワンバック
マーチ・マッドネス
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ