JリーグPRESSBACK NUMBER

FWティーラシンに「いいね」殺到!
広島に来たタイ人番記者の凄い密着度。

posted2018/03/29 17:00

 
FWティーラシンに「いいね」殺到!広島に来たタイ人番記者の凄い密着度。<Number Web> photograph by Toshihide Ishikura

ティーラシン(右)とシュウはある意味で二人三脚。同国人がレベルの高いリーグでプレーするのはやはり誇らしいことなのだ。

text by

石倉利英

石倉利英Toshihide Ishikura

PROFILE

photograph by

Toshihide Ishikura

 今季のJ1リーグ序盤戦のトピックスの1つといえば、タイ人選手の活躍だろう。

 サンフレッチェ広島に新加入したFWティーラシンが、開幕戦で1-0の勝利につながる決勝点をヘッドで決め、Jリーグにおけるタイ人選手初得点を記録。

 これに刺激を受けたのか、タイ人選手初のJリーガーとして昨季からコンサドーレ札幌でプレーするMFチャナティップが、第2節でJリーグ初得点を決めると、第4節では札幌を今季公式戦初勝利に導く決勝点を奪った(身長158cmながら、2得点ともヘッド!)。

 今季からヴィッセル神戸に加わったDFティーラトンは、まだ本領発揮とはいかないものの、第3節では初めて先発してフル出場。武器である左足で直接FKを繰り出すなど、見せ場も作っている。

 3人はいずれもタイ代表で、同国の強豪クラブ、ムアントン・ユナイテッドからの期限付き移籍で加入しているが、実はもう1つ共通点がある。

 それぞれに1人ずつ、タイからやって来た「番記者」がいるのだ。

ティーラシンに密着している“シュウ”。

 ムアントン・ユナイテッドのオーナー企業は、テレビ局や複数の新聞を傘下におくタイ最大のスポーツメディアグループ。その会社が日本に特派員を派遣し、各選手や所属クラブの情報を日々、本国の自社メディア向けに発信している。

 広島でティーラシンに密着しているのは、“シュウ”のニックネームで呼ばれているプラシヤ・ワンビジットさん。

 本職は『サイアムスポーツ・テレビジョン』というテレビ局のディレクターなのだが、仕事ぶりを聞いてみると、サッカーのユーティリティープレーヤーよろしく、いろいろな仕事を一手に引き受けていた。

「練習がある日は毎日グラウンドに来て、写真を撮影して、合間を見てSNSにアップする。同じ一眼レフカメラで動画も撮影しているよ。練習が終わったら自宅に戻って、翌日の新聞用の記事を書いたり、テレビ番組用に動画を送信したり。練習が10時から始まる日は、仕事が終わるのは20時くらいかな」

【次ページ】 撮影からレポート、SNSまですべて1人。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サンフレッチェ広島
ティーラシン

Jリーグの前後のコラム

ページトップ