マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

広島にまたも現れた大物高校生捕手。
昨年は中村奨成、今年は黒川直哉。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2018/03/20 07:30

広島にまたも現れた大物高校生捕手。昨年は中村奨成、今年は黒川直哉。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

捕手としてのたたずまいが、とても経験2年とは思えない黒川直哉。広島の地には名捕手の伝統があるのだろうか。

今年の広島の捕手一番手、なるか。

「ああ見えて、足も遅くないんですよ。一塁駆け抜けが3秒9ですから」

 右打者で“3.9”なら、立派な俊足だ。

 左中間に大きな放物線を描いて、一塁を回り込んで二塁に突っ走っていく足どりのピッチが軽く、速い。あの走りこそが、この大型捕手の将来性だろう。

 見た目の印象と“ほんとのところ”に意外な違いがあるほど、人は大きな興味と魅力を抱く。そしてそこに、別のさらなる潜在能力が感じられれば、胸躍る期待は一層かきたてられる。

 本人が「行く!」といえば、絶対数の少ない高校生捕手だけに、この先の成長ぶり次第で、ドラフト4位はありそうな逸材と見るが、見ている人はちゃんと見ていて、誰でも知っている大学にすでに内々定しているという。

 去年の「広島のキャッチャー」が中村奨成で決まりだったとしたら、それにとって代わる存在が「高陽東の黒川」なのか。ふさわしい素質の持ち主に違いなさそうだが、果たして、それでいいのか、広島のキャッチャーたち。

 “独走”を許して、それでいいのか!

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高陽東高校
中村奨成
黒川直哉

高校野球の前後のコラム

ページトップ