野球善哉BACK NUMBER

高岡商の試合巧者ぶりに痺れた一戦。
佐久長聖に1点差勝ちした、その中身。

posted2018/08/13 17:30

 
高岡商の試合巧者ぶりに痺れた一戦。佐久長聖に1点差勝ちした、その中身。<Number Web> photograph by Kyodo News

4回裏、高岡商無死一、三塁の直後の場面。三塁前へのスクイズで佐久長聖が手間取る間に、一塁走者だった鞍田は三塁まで進んでいた。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 試合後の佐久長聖・藤原弘介監督の言葉が、“北信越対決”の勝者・高岡商の強さを上手く表していた。

「本当は自分たちがやらないといけないプレーだったんですけど、(高岡商は)試合巧者でしたね」

 藤原がそう振り返ったのは、結果的に試合を決める失点となった、高岡商の4回裏の5点目だった。

 この回、高岡商は先頭の1番・森田朝陽が中前安打で出塁すると、ワイルドピッチで二進した。2番・鞍田新は送りバントを試みて、これを佐久長聖の投手・小嶋大晟が三塁へ転送するも野選となって、無死・一、三塁の好機とした。

 ここで、3番の中村昂央は絶妙なセーフティースクイズを決めるのだが、これを佐久長聖守備陣は三塁内野安打にしてしまい、さらには三塁ベースを空けてしまったところを、一塁走者の鞍田が二塁を蹴って三塁までも奪ったのだ。

 続く4番・筏秀生が遊撃ゴロによる併殺打とされた間に、三走・鞍田は労せずして生還。高岡商は、この場面で巧みに5点目を奪ってみせたのだった。

4点リードの後の試合運びの巧さ。

「ロースコアにはならないと思っています。どういう展開になるかは想定していませんが、点が入る試合になるんじゃないかと思っています」

 試合前にそう語っていたのは高岡商の指揮官・吉田真だった。

 多くの得点が必要と考えていたからこそのセーフティーバントと隙を突く走塁だった……と考えれば至極納得がいく。5回を終えた時点での4点リードは、高岡商のゲームだということを象徴していた。

 そして、この4点リードの後の試合の運び方もまた、巧かった。

【次ページ】 6回表、試合の流れを読んだプレーが。

1 2 3 4 NEXT
高岡商業高校
吉田真
佐久長聖高校
藤原弘介
森田朝陽
中村昂央
山田龍聖

高校野球の前後のコラム

ページトップ